GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
WEBサイト [IS JAPAN COOL? DOU]
事業主体名
全日本空輸株式会社
分類
広告・PR手法
受賞企業
猿人 (東京都)
受賞番号
18G131107
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本プロジェクトでは、日本伝統の武道、芸道が長い時間をかけて人から人へと受け継ぎ磨かれてきた精神性や技や所作や型といった無形の文化を、有形の文化として後世に残すことを目的としている。 日本を代表する武道・芸道のうち9つの「道」とその達人を取り上げて、無形の所作や技そのものを4DViewなどの技術を用いて、インタラクティブに有形のデータビジュアライズすることに挑んだ。 出演はそれぞれの「道」を代表した達人たち、井上康生 (柔道)、鷹見由紀子 (剣道)、町井勲 (居合)、柿沼康二 (書道)、花柳凜 (日本舞踊)、山階彌右衛門 (能)など。

プロデューサー

猿人 コミュニケーションデザイナー 山崎裕也

ディレクター

全日本空輸株式会社 マーケットコミュニケーション 片山大輔

デザイナー

猿人 クリエイティブディレクター 野村志郎、BIRDMAN クリエイティブディレクター 長井崇行

詳細情報

https://www.ana-cooljapan.com/contents/dou/

利用開始
2017年8月
販売地域

国外市場向け

設置場所

オンライン

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日本の武道・芸道などの無形文化をデータビジュアライズによって有形文化として後世の残す。

背景

高齢化社会は多くの先進国が直面している課題であるが、日本はその中でも類を見ないペースで超高齢化社会を向かえていおり、更に少子化によって若年層の数も年々下がっている。 それは、数百年にわたって人から人へと受け継がれてきた無形文化の継承が危機を迎えていることを意味し、そのサイクルを途切れさせないためのアクションが社会的に求められている。

デザイナーの想い

「無形文化をデータビジュアライズによって有形文化として後世に残す」というコンセプトを実現させるため、どのようなテクノロジーを採用すべきかを検討しました。人体の動きをデータ化する上ではモーションキャプチャという技術が一般的なのですが、その場合は対象者はマーカーのついた黒い全身タイツのような衣服に着替える必要があります。しかしながら、日本の武道・芸道にはそれぞれのあるべき衣装があり、その形状含めて丸ごとデータ化しないと意味をなしません。そこで、4D Viewsという日本に1箇所しかない特殊な撮影技術を用いて、グリーンバックのスタジオに48台のモーションカメラで人物の動きそのものをデータ化することに成功しました。更に、所作や技や型のデータを見る人が360°あらゆる自由な角度からインタラクティブに鑑賞することができるよう、オンライン上でのコンテンツを開発しました。

仕様

訪日外国人向けWEBサイト(PC/スマートフォン)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

IS JAPAN COOL? WEBサイト
IS JAPAN COOL? DOU

審査委員の評価

動きのある日本の武芸を、三次元のデータにしてWeb上でリアルタイムに動かせるようにし、「体験できる」アーカイブとして作り上げたこと、そしてどの国の人にもわかりやすく、言葉を超えたデザインとしてまとめたことなどが評価のポイント。

担当審査委員| 鹿野 護   河瀬 大作   平林 奈緒美   水口 克夫   水口 哲也   Chi mei Chang  

ページトップへ