GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
デジタルサイネージ [空気の看板「大ぴちょんくん」]
事業主体名
ダイキン工業株式会社
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
ダイキン工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G121012
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

毎日楽しみながら、空気環境情報に触れられるサイネージ。現在では温度や湿度、花粉など様々な空気に関する数値情報を入手できるようになったが、肌乾燥などの不快や、熱中症やPM2.5などにどのように対処すればよいかは伝えられていない。そこで快適指標(温度・湿度・風速・熱放射・代謝量・着衣量に基づき算出)を独自に開発し、これに基づいた空気情報を発信。 数値や言語だけでなく、ダイキンのキャラクター「ぴちょんくん」が体感した空気の状態を、表情やコメント表示でお知らせする大型サイネージをデザインした。「目に見えない空気」を身近に感じられるようにし、その大切さを伝え、さらに「愛されるもの」にすることを目指した。

プロデューサー

ダイキン工業株式会社 総務部 広告宣伝グループ 広告宣伝グループ長 片山 義丈

ディレクター

ダイキン工業株式会社 総務部 広告宣伝グループ 豊田綾子 高須友理

デザイナー

ダイキン工業株式会社 テクノロジー・イノベーションセンター 先端デザイングループ 主任技師 香川早苗、西尾年之

詳細情報

http://pichonkun.jp

点灯開始
2016年3月16日
販売地域

日本国内向け

設置場所

大阪市北区角田町2-15 シログチビル屋上

仕様

約30万個のLEDを搭載したキャラクター部分(高さ13m)と文字情報を発光するLEDビジョン(高さ4m)からなる総高17mのデジタルサイネージ。 キャラクター部分のLEDは、日没後~24:00に点灯。

受賞対象の詳細

背景

伝達手段の進歩により、温度や湿度、花粉など様々な空気に関する数値情報を簡単に入手できるようになったが、肌乾燥などの不快や、熱中症やPM2.5などに対する不安にどのように対処すればよいかは伝えられていない。 空調機など製品による快適提供だけでなく、空気に関心を持ってもらう事で提供できる快適な暮らしを、より多くの人に伝えていく事が必要である。

デザインコンセプト

体感温度の変化と湿度の相関を感じてもらうことで毎日楽しみながら空気環境情報に触れられるサイネージ

企画・開発の意義

快適性と温度の相関関係は古くから経験的に知られていたが、高度な省エネと快適性の両立には、湿度、日射、輻射、着衣量などの他、花粉やPM2.5などの浮遊微粒子との相関関係も無視できない。 このサイネージでは当社が独自に開発した快適指標(温度・湿度・風速・熱放射・代謝量・着衣量に基づき算出)をベースに情報発信し、気付きのきっかけを提供している。

創意工夫

温度や湿度、花粉、PM2.5など様々な情報に基づいた快適指標を、数値や言語だけでなく楽しく伝えられるように、大ぴちょんくんが体感した空気の状態を表情やコメント表示でお知らせすることで、より多くの方々に身近に感じてもらう工夫を凝らした。 ① キャラクターの親しみやすさや、伝えたい内容が直観的にわかるようにアニメーションを採用した。 ② 快適・不快が直観的にわかるように、温度と湿度の組み合わせを9ブロック(9色)で表現した。 ③ ホームページ上でもリアルタイムでリンクし、より詳細な情報を提供している。

デザイナーの想い

当社は空気を通じて付加価値を提供する専門メーカーである。 より良い製品やサービスの追求は当然だが、社会インフラともいえる「目に見えない空気」を「愛されるもの」にするための一つの試みであり、地球環境に思いを馳せるきっかけになれば幸いである。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪駅など、梅田地区の様々な場所から見ることが可能。
「ぴちょんくん NOW」
ダイキン工業株式会社

ページトップへ