GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [横格子の家]
事業主体名
アカ建築工房株式会社・株式会社 Fractal設計事務所
分類
住宅・住空間
受賞企業
アカ建築工房株式会社 (青森県)
受賞番号
16G100785
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地方(青森市)の市街地に建つ住宅の在り方として、少しの問題提起と多くの整理を試みた住宅棟。特に斬新で新しい「コト」を組立てるということではなく、特殊な「モノ」を使用して華美にするのでもなく、エネルギーや建物の維持について様々な課題がある中、未来に向けて「こう在ったらいいのに」と住み手もつくり手も望むであろう住宅棟をストレートに考えた。また、この住宅棟は40坪の敷地に夫婦と子供2人、自動車2台駐車という特に多く見られる家族構成だが、一次取得者ではない家族にも対応可能な住宅棟だ。様々なニーズが混沌とする中、環境課題やライフスタイルを融合させたひとつの答えだと考えた。

プロデューサー

アカ建築工房株式会社 代表取締役 赤田光明

ディレクター

株式会社Fractal設計事務所 代表取締役 小林学

デザイナー

赤田光明

赤田光明

詳細情報

http://www.aka-kk.com/

利用開始
2016年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

青森県青森市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

エネルギー抑制に優れた「地球環境・家計・健康」を守る家であり、且つ意匠や暮らしが美しい家。

背景

地域差はあると思うが、住宅建築にあたって解決するべき優先順位に疑問を感じていた。ここ青森県は日本で一番暖房費(灯油量)を多く費やす街だと言われています。不安定なエネルギー供給や単価、地球温暖化を含む様々な環境問題や健康問題の中、住宅建築を検討する方の多くが部屋数や大きさ、建築費そのものを優先させがちです。「人が健康に暮らす」という行為をソフト・ハードの両面で考え、基本をつくりたいと考えた。

デザイナーの想い

昔ながらの「みんなで生きていく」という本来の豊かさを暮らしに取り入れたい。昨今は沢山の諸問題や課題があり「家族が暮らす」というスタートが家を購入する行為で完結されているように思う。建物性能を上げることが着地ではなく、それによって多くの物理的課題が解決し、本来あるべき「住み手や造り手、職人ら地域全体の繋がり・コミュニケーション・信頼関係」が生まれると信じたい。「いい家」という人の感情は後者でありたい

企画・開発の意義

自然エネルギーをできるだけ利用しつつ、今この時代に人が豊かに暮らすために必要な健康を守る温熱・空気環境、そして光熱費削減にも直結するエネルギー抑制と地球環境への配慮を建築物として具現化し、ある種の「安定した安心」を提供したい。そして外装材を含む造作のほとんどを地元職人の手づくりとし、人っぽさや素材から感じる温もりと経年変化への対応(メンテ)を軽減させ、維持管理と美観の向上に対応した。

創意工夫

「安定した安心」を得るため極端に建物の断熱性能を上げ、Q値を約1.0W/m²・K、C値0.5cm²/m²とした。また特殊な材や石油系の断熱材ではなく、普及率が高く安価なグラスウールを多用しコスト・環境面・性能を合わせて向上させた。エネルギー消費抑制のため、夏季の直射抑制や照り返し対策として庇や緑化バルコニーを設けたり、冬期は太陽エネルギーを利用するため外付ルーバー角度を太陽高度に合わせ室内に採光熱を採入れた。寒冷地で標準的な暖房機器コストを下げるため建物保温性能を上げつつ、エアコン2台(各階床下1台)とし、イニシャル・ランニングコストを約半分以下にした。地域活性化とつながりを重視し、使用木材の多くを地元県産材とし、地元職人の手づくりを基本とした建築を目指した。特にメンテナンスを必要とする外壁は特殊液材に浸かした県産杉芯材を6尺単位且つ10ミリ空かして貼り、簡単に交換管理できる加工とした。

仕様

木造軸組在来工法.敷地面積.敷地面積138.70㎡.延床面積131.03㎡. 1F床面積71.09㎡.2F床面積59.94㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

青森市桂木
アカ建築工房株式会社
株式会社Fractal設計事務所

審査委員の評価

青森市の市街地という立地の特性に適合させた点、特に環境への配慮、地元の材料と技能者の効果的な活用が評価された。それらをユニークな形にまとめ上げた点がその評価を確かなものにしている。

担当審査委員| 手塚 由比   石川 初   長坂 常   日野 雅司   松村 秀一   Gary Chang  

ページトップへ