GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ペイント専用下地壁紙 [Wonder Paper for DIY]
事業主体名
安全塗料株式会社
分類
住宅設備
受賞企業
株式会社それからデザイン (東京都)
安全塗料株式会社 (東京都)
受賞番号
15G050479
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「Wonder Paper for DIY」は、DIYで簡単に貼ることができるペイント専用の下地壁紙です。既存の壁紙を剥がすことなく、上から貼り付けることができます。貼付け後、指定の塗料をローラーで塗ることで、壁を好みの色に仕上げることができます。 一般的にペイントの施工は、技術がないと色ムラになり、美しく仕上げることができません。しかし、「Wonder Paper for DIY」の塗装面には、特殊加工が施されており、初心者でも均一に美しく塗ることができます。また、10回程度の上塗りができるため、まるで洋服を着替えるかのように、部屋の壁をカラーチェンジすることも容易です。

プロデューサー

安全塗料株式会社 溝口一成

ディレクター

株式会社それからデザイン 佐野彰彦

デザイナー

株式会社それからデザイン 佐野彰彦

株式会社それからデザイン 佐野彰彦

発売予定
2015年6月15日
価格

6,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ペイント壁をもっと身近に、親しみやすく、簡単に! そのための下地壁紙をつくろう!

背景

日本では、住宅の壁のほとんどが「白いビニールクロス」です。それは、高度成長時代より工期短縮を目的に手離れの良い工法が普及してきたためです。しかし、現在では「自分らしさ」を求め、DIYで内外装を楽しむ人も増えてきています。 ペイント壁の空間は色彩豊かで魅力的ですが、下地作り、塗装に専門技術を要するため、非常に敷居の高いものでした。それらをクリアするために商品開発が始まったのです。

デザイナーの想い

ペイント壁は、こんなにもゆたかな空間が実現できるということ。そして、Wonder Paper for DIYなら、自分で簡単に貼ったり塗ったりできること。それを多くの人に知ってほしいです。 自分で考えて、自分で塗った壁は、愛着も湧くものです。そして、住まいのデザインやインテリアを考えるということは、生活そのものを楽しくゆたかにし、明るい社会づくりにもつながるものだと思います。

企画・開発の意義

ペイント壁の施工がDIYでも容易に行えるようになることで、豊かなライフスタイルの提案につながります。お気に入りの空間を自分でつくることができ、DIY文化の進展にも貢献できます。また、上塗りも容易にできることから、メンテナンス性が高く、壁紙を張り替える必要がないため、産業廃棄物の削減にもつながり、普及すれば環境負荷を低減することができます。つまり、サスティナブルな社会への貢献につながるものです。

創意工夫

「DIYで壁紙を貼る」ということの最も難しい点は、既存の壁紙を剥がし、下地ボード等にパテ処理などを施して平滑な面をつくることです。つまり、貼る前の下処理に技術や経験が必要でした。初心者でも簡単に貼ることができるためには、この下処理を割愛することが必要でした。そこで、本商品は「既存の壁紙の上から、重ねて貼る」という方法をとっています。接着の安定性や施工性のバランスに熟慮を重ねて実現しています。 また、賃貸物件でも気軽にDIYを楽しめるよう、退去時にはきれいに剥がすことができるものになっているため、現状復帰の条件付き賃貸物件でも使うことが出来ます。 さらに、表面には特殊加工(塗料の吸い込みを調節する加工)が施されており、はじめてローラーを持つ人でも、色ムラにならず、きれいに塗ることができます。 塗替え(上塗り)も10回程度行えるため、季節や気分によってカラーチェンジすることも可能です。

仕様

幅490mm✕長さ11メートル(ロール巻)/本体重量1kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

WALLDECORATIONSTORE(ECショップ)
WALLDECORATIONSTORE(ECショップ)
ペインティング・ウォール

審査委員の評価

インテリアデザインや住まい方の多様化によって、室内壁に対する需要も多岐にわたっている。本製品は賃貸住宅でも自由に壁の色や表情をDIYでつくることを実現する製品。住まい手が自分の好みで簡単にオリジナルの壁面をつくれる商品は、より豊かな住環境の実現だけでなく、住まい方を親から子へ伝えるという教育的な側面も予想され、非常に好感度が高い。ロゴマークやパッケージも良い。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   鈴野 浩一   長町 志穂   服部 滋樹   山田 晃三  

ページトップへ