GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2005

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
マタニティショーツ [マタニティサポートショーツ/ SH-2318]
部門/分類
商品デザイン部門 - 健康管理・美容商品
受賞企業
株式会社犬印本舗 (大阪府)
受賞番号
05A01036
受賞概要
2005年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

妊娠すると汗をかきやすくなる為、生地には吸水速乾性のある素材を使用しています。大きくなるお腹の下腹部の部分を2重にし、腰部には綿100%素材を裏打ちしています。よりサポート感を高め、お腹を優しくサポートします。

プロデューサー

マーケティング本部 取締役本部長 峯 幸弘

ディレクター

マーケティング本部 取締役本部長 峯 幸弘

デザイナー

マーケティング本部 企画生産1課 遊亀裕美

詳細情報

http://www.inujirushi.co.jp

開始日
2004年6月
価格

1,200円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

妊娠すると新陳代謝が良くなり上半身は汗をかきやすくなりますが、下半身は冷え性になり、体を冷やしてしまうと様々なトラブルの原因を引き起こしてしまいます。また、お腹が大きくなるとお腹の重みで腰に負担が掛かり腰痛を引き起こしがちです。そこで、快適でお腹を支えるサポート感のあるショーツを考案しました。安全で快適な妊娠期間を過ごし、元気な赤ちゃんを出産して頂きたいと願っています。

デザインのポイント
1.下腹部が2重仕立てで、同色の切替えで前身部分に付いているので目立たなく、重ね着してもごわつきにくい。
2.足口がハイレグで、足の動きがとても楽。お尻もしっかり包み込み安心感のある着け心地。
3.脇部分の縫い込みラインが少し前側寄りにする事で、お腹の丸みが小さくきれいに見える。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

マジックテープやホックなどの付属をつけずにシンプルなデザインでサポート感を高め、簡単に効果的に着用して頂けます。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

使用素材を厳選し、物性、吸水速乾性が一定のデータをクリアしているので、劣化・摩耗性が少なく、また、金属・プラスチックなどを使用していないので破棄が容易である。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

妊婦の場合下着の種類が多く、重ね着になりがちである。そこで重ね着をしてもムレにくい吸水速乾性素材を使用。妊婦帯に興味薄の消費者に対してもアプローチができる。

審査委員の評価

マタニティショーツというジャンルで安定した形状の造形を完成させている。妊娠期の女性の身体の形状とその変化を良く理解した製品である。特に取り上げて語る部分より全体のさり気なさが、フォルムデザインの完成度の高さを認識させる。

担当審査委員| 國本 桂史   川島 蓉子   サイトウマコト   山本 建太郎  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ