CURRENT EXHIBITON

#08 『すべて手作り』- 名工たちの手によって守られるフィリピンのデザインに宿る真の独自性 / EXCLUSIVELY BY HAND The hands of the Filipino craftsman preserve the true identity of Filipino design / June 12 (Sun) - June 30 (Thu)

今日のフィリピン・デザインは、その独自性を定義し形作ってきた絶え間ない試みの結果です。これまでフィリピン・デザインは、確固とした独自性を確立できないかもしれないという危機にさらされてきました。
数世紀にわたり、私たちのデザインは、フィリピン固有の素材や製造方法を維持し、外国の文化を取り入れ、実用面や市場の需要と折り合いをつけながら発展してきました。
しかし、どの作品も、はっきりとした「フィリピン・デザイン」としての独自性を持っているとは言い切れません。東南アジアに位置する国として、周囲の国々と同じような原材料や職人の技、製造用工具などを共有しているのが、どの作品からも窺えます。

フィリピン・デザインの独自性の形成において、他国の文化が交わる要素があるとしたら、その独特な歴史のおかげでしょう。何世紀にもわたる中国やアラブ諸国との交易は、デザインに他国の文化をオープンに取り入れていく感覚を培いました。一方ではスペイン軍や米軍による植民地化が、製品としてのデザインの内容やコンセプト、表現に影響を与えました。

フィリピン人デザイナーたちは一貫して環境への配慮を心がけてきており、それが作品を特徴づけています。自然からインスピレーションを得て、自然のもつ繊細なバランスを素材選びの参考にしているのです。

しかし、フィリピンのデザインがもつ他には見られない独自性、優位性の要でもあるのは、何よりも精巧な手作業です。ここにフィリピン人デザイナーは卓越し、更に力を入れています。傑出した作品で注目されてきた金細工師、彫刻師、職工らが歴史に名を残してきました。フィリピンの名工たちには賞賛が与えられ、また愛され、彼らの仕事は確実に続いています。

今日のフィリピン人デザイナーによる作品も、卓越さを追い求めている点で先人たちのものと変わりはありません。デザイナーたちは、フィリピンの才能を手作業によって作品に注ぎ込み、その魅力により作品は国境をたやすく越えていきます。デザイントレンドのグローバル化という文脈から見ても、経済性、生産性や効率性の高さという点からも、フィリピンのデザインは傑出したものだといえるでしょう。

展示キュレーター:ITO KISH

主 催 : フィリピン共和国大使館 商務部
フィリピン貿易産業省 輸出マーケティング局

What we embrace today as Filipino design is the outcome of a series of identification, definition and framing that, although largely stable, is not immune to disruptions.

Through centuries of development, Filipino design survived on the preservation of indigenous materials and production methods, borrowings from various foreign cultures, and concessions to practical and market demands.

However, none of these provided Filipino design with distinct identity. Located in Southeast Asia, the Philippines shares with its neighbor's similar raw materials, artisanal skills and tools of production that find expression in various crafts.

If there is an overarching factor in the development of Filipino design identity, it lies in the country's unique history. Centuries of trade relations with the Chinese and the Arabs forged a design consciousness that is open and assimilative, while colonization by Hispanic and American forces created a material culture that came to define the content, ideation and expression of design.

Filipino designers have consistently sought sustainability, which added a unique dimension to their creations. Nature itself inspired their designs, while its delicate balance informed their choice of materials.

But the superiority - and therefore distinct identity - of Filipino design hinges on crafting by hand, an area where Filipino designers have been excelling. Philippine history is dotted with names of goldsmiths, carvers and weavers who have distinguished themselves with outstanding output, earning for them not only plaudits but also patronage and following that have ensured the continuation of their work.

Today's crop of Filipino designers is no different from their forebears in their pursuit of excellence. Working with their hands, they assert their native geniuses in creating products that easily cross borders with a global appeal. Viewed in the context of globalisation of design trends and economic viability, and high productivity and efficiency, their works stand out as statements of genius.

Exhibition Curator: ITO KISH

Organizer : Embassy of the Philippines - The Philippine Trade and Investment Center in Tokyo
Department of Trade and Industry Export Marketing Bureau

展示デザイン:

ADANTE LEYESA
Designer: Adante Leyesa

www.adantecollections.com
adanteleyesa@yahoo.com

竹や木、皮革、布を素材に用いた手のひらサイズの小さなバッグ、ミノディエールのセレクションです。彫刻をはじめ、金属とガラスのビーズ、チェーンなど、作品に施されたさまざまな装飾仕上げは、すべて手作業によるものです。本質的に対照をなす要素を組み合わせ調和させるという発想から、製織、ビーズ細工、革なめしには伝統的手法が用いられています。

A selection of minaudieres crafted in bamboo, wood, leather and fabric, hand-carved or hand- decorated with metal and glass beads, chains, and various finishes. Traditional methods of weaving, beading, and leather tanning were used in the pieces, which grew from the idea of combining and harmonizing elements that exist in contrast in nature.

Calli
Designer: Tessa Nepomuceno

www.callifashion.com
tessa@callifashion.com

Calliはフィリピンに古くから伝わる先住民族のモチーフをベースに、ビーズや木地、大理石、葉や羽毛で絢爛に飾られたイブニングバッグのセレクションです。大自然がつくり出す形状や構造を称えてデザインされており、木材からクリスタルビーズ、パウア貝に至るまで、さまざまな素材を自在かつ巧みに用いた作品を紹介しています。ほかにも花柄や幾何学模様など、工芸人たちがめいめいの技術を披露した意匠が展示されています。

Calli is made up of a selection of evening bags decked out in beads, wood grains, marble, leaves or feathers that trace familiar indigenous motifs. It celebrates form and geometry in nature. The range showcases a masterful manipulation of materials that range from wood to crystal beads and paua shells. Other designs, including flowers and geometric patterns, serve as platforms for artisans to showcase their skills.

ZACARIAS 1925
Creative Director: Rita Nazareno

www.zacarias1925.com
rita@zacarias1925.com

現代芸術、建築、映画、デザインをテーマに創られたバッグや雑貨、家具などのセレクションです。制作にはフィリピンの伝統的な手織りの技法が用いられています。そのためZacarias 1925の品々は、時代を感じさせない、国境を超える魅力にあふれています。世界各地に定着したブランドとして、クリエイティブ・ディレクターの祖母が1925年に立ち上げたS.C. Vizcarra工房にて鍛錬を積んだ熟練の職工との連携を堅持しており、一方でフリーの著名なデザイナーとのコラボレーションも行っています。

The selection of bags and objects references contemporary art, architecture, cinema and design, and employs traditional Filipino hand-weaving techniques. The result is timeless and has a global appeal. An established international brand, Zacarias1925 works with master weavers from S.C. Vizcarra workshop, founded by the Creative Director's grandmother in 1925. The brand also collaborated with well-known independent designers.

JOHN HERRERA
Fashion Designer: John Herrera

www.johnherreracouture.com
johnherreracouture@gmail.com

ゴールデン・バタフライは、おとなしくほっそりとした体つきのフィリピン女性を思わせる伝統装束「テルノ(terno)」をベースとしています。テルノとは、蝶の羽のような袖(バタフライ・スリーブ)を特徴とするフィリピンの国民的ドレスです。テルノの原型シルエットとバタフライ・スリーブはそのままに、デザイナーは現代のフィリピン女性に向け、この伝統装束を、ひとそろいの鎧を彷彿させる装いに変貌させました。鎧の胸当て、アームガード、ストラップと、ばらばらの部分からできているかに思わせる外観に仕上げられ、金色のネオプレンのインサーションとファスナーを巧みに用い、戦闘服がテーマであることをアピールしています。

The Golden Butterfly is based on the Philippine national dress, the 'terno', traditionally associated with the demure and delicate Filipina. The designer transforms the garment into a suit of armour for the modern Filipina by retaining its basic silhouette and distinct butterfly sleeves. The pieces are constructed to appear as if made up of separate pieces that recall the suit of armor's breastplate, arm guards and straps. A deft use of golden neoprene inserts and zippers highlights the battle-gear references.

HAPPY ANDRADA
Fashion Designer: Happy Andrada

www.happyandrada.com
mail@happyandrada.com

パイナップルの葉の繊維とアバカ麻の混紡を白黒のミカドシルクと組み合わせた、フィリピン特有の布地でできた服です。女性らしい流れるような線のシルエットと寸分の狂いもない仕立てを両立させることで、やさしく穏やかながら芯の強いフィリピン女性の気質を表現しています。どの服もディテールにはレーザーカットが用いられ、フィリピンのメスティーソドレスを飾ることが多いアップリケやビーズも使い、手作業で装飾が施されています。

The apparels are made with unique Filipino fabric pineapple-abaca blend paired with monochrome Mikado silk. Combining flowing, feminine silhouettes and precisely tailored elements, the designer evokes the Filipina's gentle yet tough character. Each garment is hand- embellished with laser-cut details, appliques and beads that are often featured in the Filipina mestizo dress.

MACO CUSTODIO
Designer: Maco Custodio

www.maco-custodio.com
maco-custodio@gmail.com

フィリピン人は装飾が施されたものを大いに好みますが、その国民気質がこのコレクションの基本コンセプトとなっています。革の小片をシンプルかつ巧みに駆使してできた装飾のパーツを、プラットフォームサンダルからネックレスに至るまで幅広い品に活用するというものです。これは、フィリピン人が普段着にも活用している磨き抜かれた装飾技術を反映しています。このコレクションには時を経ても変わらない、シンプルなスタイルが込められています。

Filipinos' fondness for decorated objects provides the basic concept for this collection. A simple manipulation of leather bits creates decorative elements that are then applied to a range of platform sandals and necklaces. This reflects the Filipinos' refined embellishment skills applied to everyday wear. The collection has an enduring yet straightforward simplicity.

ARANAZ
Designer: Amina Aranaz

www.aranaz.ph
contact@aranaz.ph

フィリピンが「熱帯の楽園」と評されるのは誰もが認めるところです。その評判を祝して、ARANAZが誇るフィリピンの伝統的な製織、刺繍、木彫りの職人技をご紹介します。『プールサイドコレクション』はフィリピンの多様で豊かな海洋生物を、『ピクニックコレクション』はフィリピンにあふれる熱帯の果実をモチーフとしてアピールしています。また『ピクニックコレクション』の目玉は特製の「パイナップルバッグ」です。

Celebrating the Philippines' unchallenged reputation as 'tropical paradise' showcase Aranaz's artisanal mastery of traditional Filipino weaving, embroidery and woodcarving. The Poolside Collection highlights the rich and diverse Philippine marine life as motif, while the Picnic Collection the country's abundant tropical fruits. A highlight of the collection is the label's signature 'pineapple purse'.

JOANIQUE
Designer: Malou Romero

www.joanique.com
malou@joanique.com

JOANIQUEの新マスカラ(Maskara)コレクションは、フィリピン中部のバコルド市で開催される有名なマスカラ(Masskara)フェスティバルから発想を得ています。どの宝飾品もミノディエールも部族のマスクをイメージしており、凝った細部や原始的なラインが特徴です。幸福感あふれるマスクや民族的デザインは、お祭り騒ぎを楽しむ陽気な人々の生気を象徴しています。最新のマスカラコレクションには、文化的なテーマを手細工による精巧な宝飾品で表現するJOANIQUEの腕前が表れています。

The new Maskara Collection draws inspiration from the celebrated Masskara Festival in Bacolod City in Central Philippines. Each piece of jewelry and minaudiere features an image of a tribal mask expressed in elaborate details or rudimentary lines. The happy masks and ethnic designs symbolize the jovial spirit of revelers. The latest Maskara Collection is a stamp of Joanique's ability to transform cultural references into finely handcrafted pieces of jewelry.

CSM
Director: Enrico Manrique

www.csmphilippines.com
info@csmphilippens.com

手製のファインボーンチャイナで有名なCSMが取り揃える品々はどれも高く評価されており、またそれらはアトリエの優れたデザイン力と生産力の証しでもあります。フィリピンの風景、植物、日常にある小物などを模様にし、レリーフや手塗り、刻印の技法によるモチーフで表現した、社内作成のデザインがセレクションには含まれています。作品はどれも普遍的な魅力を感じさせるものばかりで、シーンや装飾要件を選びません。

Renowned for handmade fine bone chinaware, CSM has put together an array of well-received pieces that demonstrate the studio's design and manufacturing capabilities. Included in the selection are in-house designs covering impressions of Philippine landscapes, flora and everyday objects articulated in relief, hand-painted and impression technique motifs. Every piece evokes a universal appeal making it suitable to any setting or decoration requirements.

ITO KISH
Designer: Ito Kish

www.itokish.com
info@kish.ph

数々の受賞歴を誇り人気を博すIto Kishの家具の制作には、木彫り、籠細工、製織をはじめとする高度な職人技が凝縮されています。制作者のキッシュは手工芸のノウハウだけでなく、先住民族に伝わる模様やモチーフをも復活させる達人です。フィリピンの歴史と文化をさりげなく見せる表現に富んだこのセレクションは、現代のさまざまな環境で居場所を見つけられる近代的かつ機能的な作品で構成されています。

An assemblage of award-winning and popular furniture pieces by Ito Kish sets the stage for highly refined artisanal skills, among them woodcarving, basketry and weaving. Kish is a master in reviving not only handcrafting know-how, but also indigenous patterns and motifs. Rich in allusions to Philippine history and culture, the selection comprises modern and functional pieces that can find their own place in a range of contemporary settings.

UPCOMING EXHIBITON

PAST EXHIBITON

  • #07 今デザインができること。- 2016 フォーカスイシュー
    What design can do - Focused issue of GOOD DESIGN AWARD 2016 / May 18 - June 8 2016

  • #06 わたしたちのロングライフデザイン
    Our Favorite – Long Life Design Selection 2016 / April 28 - May 15 2016

  • #05 Design. Cities. Future./デザイン・都市・未来
    DFA Design for Asia Awards 2016 / April 14 - April 24 2016

  • #04 After 311 震災から5年のデザイン
    After 311 - 5 years of design since the disaster / March 11 2016 - April 10 2016

  • #03 学ぶ・知る・体験するグッドデザイン
    Good Design for Learning, Understanding, and Experiencing / February 5 2016 - March 6 2016

  • #02 近未来のてざわり2 私の選んだ一品
    A feel of the near future 2 | My favorite of GOOD DESIGN / December 18 2015 - January 31 2016

  • #01 近未来のてざわり
    A feel of the near future / August 29 2016 - December 13 2016

ページトップへ