GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2021

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウォールクロック [RIKI RING CLOCK]
事業主体名
株式会社タカタレムノス
分類
日用品
受賞企業
株式会社タカタレムノス (富山県)
山本章デザイン事務所 (埼玉県)
受賞番号
21G040258
受賞概要
2021年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

シンプルで奇を衒わず、見やすさを第一に時計の基本に忠実ながらオリジナル性の高いデザインでパーソナルクロックという分野を開拓、60年代後半から80年代前半にかけて日本のモダンクロック黎明期を牽引してきた渡辺力の最終期1981年発売モデルの復刻品。シンプルモダンに留まらない、その美しさを後世に伝え残す取り組みを目指した。

デザインのポイント
1.モダンクロックの多様な可能性を追い続けて辿り着いた、余白のある軽やかな「抜け感」
2.メガネ針、そしてそれに韻を踏むような輪形指標という装飾的な時計言語と機能美との絶妙なバランス
3.時計枠の製造に高度なアルミ鋳造技術を活用し、剛性の向上と高級感を表現
プロデューサー

株式会社タカタレムノス 専務取締役 菊地圭輔

ディレクター

山本章デザイン事務所 代表 山本章

デザイナー

渡辺力、山本章

左:渡辺 力、右:山本 章

詳細情報

https://shop.lemnos.jp/shopdetail/000000000589/

発売
2020年11月11日
価格

20,000円 (税別)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

時計に正面から取り組み、デザインクロックという分野を確立した渡辺力の一連の時計作品は日本のモダンデザインのマスターピースであることに疑いありませんが、絶版となった名品を美術館や一部の愛好家に保存されるより、長く生産販売され、生活の一部として実際に広く使ってもらう事がクロックのような機能が成熟した分野ではグッドデザインを体験できる最良の入口になると思います。それが市場に求められ、高い評価で受け入れられている事実は実用的なアーカイブの姿を実現していると考えます。渡辺力を代表するRIKICLOCKの迫力とは対局をなす余白のある「抜け感」、そして装飾的要素と機能の研ぎ澄まされたバランスの美しさを持つこのRINGCLOCKは、シンプルモダンに留まらない次世代の手本となる、後世に伝え残すべき重要な作品であると確信。オリジナルデザインから40年、その美しさを現代の多くの人に伝える取り組みを目指しました。

経緯とその成果

作品の持つ独自の雰囲気の再現が最も重要ですが、製品アイデンティティを統一するため81年発売のオリジナルに比して、文字盤上の商標の位置移動及びクレジットの外周上への追加が必要となり、余白部分のバランスが僅かに変更され、オリジナルの比率に忠実に落とし込むと位置関係は同じでも与える印象に微妙な違和感が出てしまいました。これを修正するためにミリ単位の位置移動、ミリ単位以下の線幅の調整、1%に満たない文字サイズの拡大縮小を繰り返しました。CBS書体の数字は線の太細の強調により精妙で余韻のあるイメージとなり、細身のメガネ針と相まって軽やかな「抜け感」を醸し出しています。高度なアルミ鋳造技術を用いた程よい奥行きのある時計枠は剛性の向上と高級感を表現し、その製造をグループ会社が担うことで安定した生産体制を確立。渡辺力の時計に対するこだわりと想いを丁寧に形にし、後世に伝え残す製品を実現することができました。

仕様

φ251×d60mm、1,080g、アルミニウム・ガラス

どこで購入できるか、
どこで見られるか

タカタレムノス東京ショールーム、METROCS、MoMA Design Store、YAMAGIWA
TAKATA Lemnos Online Store
METROCS Tokyo
MoMA Design Store

審査委員の評価

渡辺力は日本を代表するプロダクトデザイナーの一人であり、名作の時計も多く作ってきた。彼が晩年に手がけた1981年発売モデルの復刻品であるRIKI RING CLOCKもまた、名作時計の一つと言える。文字盤の見やすさはもとより、メガネのような丸い輪など、個々に見ると個性的とも思われるパーツが絶妙なバランスで配置され、美しい抜け感を作っている。シンプルでありながら、インテリアの中では決して主張しすぎない絶妙な存在感を放ち、使う人に寄り添ったデザインに感じられる。これからも長く愛される時計となるだろう。

担当審査委員| 辰野 しずか   大友 学   原田 祐馬   山田 遊  

ページトップへ