GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
学生と共に創る学生レジデンスブランド [CAMPUS VILLAGE(キャンパスヴィレッジ)]
事業主体名
東急不動産株式会社
分類
地域・コミュニティづくり
受賞企業
東急不動産株式会社 (東京都)
受賞番号
20G201288
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本ブランドは、多感な学生時代を多くの友人達と住まう豊かな交流体験と現代学生の生活スタイルに沿う居住空間を、企業と学生が共に創り上げることを目指した学生レジデンスブランドである。「学生レジデンスに住まう」ことでしか得られない体験の提供と、施設の枠を超えた多層的なコミュニティプラットフォームで「つながる」仕組みを構築した。

デザインのポイント
1.学生と企業が共同で様々なイベントを企画。学生間コミュニティの醸成と、地域との交流機会の創出を実現。
2.常に学生の生の声を聞き潜在ニーズを探り続け、導き出された改善点をすぐさま建物に反映させる仕組み。
3.物件毎にエリア特性に合わせた異なるテーマを設定、学生は自分が望む生活スタイルの物件を選択できる事。
プロデューサー

東急不動産株式会社 住宅事業ユニット

ディレクター

東急不動産株式会社 住宅事業ユニット

デザイナー

東急不動産株式会社 住宅事業ユニット

詳細情報

http://campusvillage.jp/#link-top

利用開始
2018年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

首都圏及び関西

受賞対象の詳細

背景

少子高齢化により全国的に18歳人口は減少傾向にあるが、都心に進学する学生数及び女子進学率の増加と政府による留学生招致政策により都心の大学進学者数は増加、しかし都心に良質な学生向け住宅の供給数不足という社会問題が浮上した。またIT進化による個人の生活の質向上の裏で、リアルな人と人とのコミュニケーションの希薄化が現代社会の問題となりつつある。当社はこの2つの問題に取り組む事から事業をスタートさせた。従来の学生向け住宅の市場は学生マンションと学生寮に限られていた。学生マンションは大人への第一歩として自立を育む一人暮らしスタイルだが学生同士のコミュニティは無い。一方学生寮は学生同士のコミュニティは存在するが寮母・管理人に管理監視された息苦しさがあった。そこで当社は双方の利点「学生同士のコミュニティ」と「自由と責任、自立心の育成」を兼ね備えた今までに無い新しい「学生レジデンス」ブランドを誕生させた。

経緯とその成果

学生とのワークショップを通じて、時代とともに大学生の希望する生活スタイルは変遷を遂げていることがわかった。ただ画一的なコミュニティを生み出す学生レジデンスを設計することでは、学生の求めるニーズに応えられないと感じ、動線計画においては建物毎に趣向を変えるよう設計した。例えば、エントランスから各専有部に至るまでに広い食堂空間を必ず通過するものや、各階エレベーターホールにシェアキッチン&リビングを設けたもの等であり、入居者が交差し集う空間を建物内のどこかに必ず設計し、偶発的にコミュニケーションが生まれる仕組みづくりを建物毎に変えた。また、同世代の枠を超えた多世代交流の機会として、花火大会ボランティア参加による地域交流、キャリアデザイン講習を通じた社会人との交流機会も設けた。多様な価値観に触れる中で「自立心の育成」を促し、建物内外の多層的なコミュニティプラットフォームを構築した。

仕様

学生レジデンスは大学生を中心とした学生が入居可能。平均専有面積約15㎡【共通共用部】トリプルセキュリティ、モニター付きインターホン、宅配ボックス、シェアキッチン、Wi-fi、有人管理(門限無し)、24時間コールセンター対応【共通専有部】エアコン、バス、シャワー付きトイレ、独立洗面台、家具付き(ベッド、机、椅子等)【物件個別】食堂、食事付き(選択制)、専有部Wi-fi・キッチン、24時間有人管理

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社学生情報センター各店舗
ナジック学生マンション 検索サイト
CAMPUS VILLAGE 椎名町
CAMPUS VILLAGE 赤羽志茂

審査委員の評価

学生寮だからこそ生まれる縁や機会というものがあり、それは多感な時期には良い経験になるのではないだろうか。ただ、既存の学生寮というものは、古かったり、必ずしも快適な空間ではないことも多い。CAMPUS VILLAGEはコミュニケーションが生まれるようにハードもソフトも設計されており、セキュリティも考えられ、食事の提供もある。確実に学生やその家族のニーズを形にしていることがわかる。これからも新しい学生寮の形を提案してもらいたい。

担当審査委員| 井上 裕太   川上 典李子   ナカムラ ケンタ   山出 淳也   山阪 佳彦  

ページトップへ