GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プログラミング教材 [easel]
事業主体名
株式会社INERTIA
分類
一般・公共用アプリケーション・ソフトウェア、スマホ・タブレット向けアプリ
受賞企業
株式会社INERTIA (東京都)
受賞番号
20G191222
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

easelは、プログラミングの学習に「アート」の要素を取り入れた新しいオンライン教材です。スマートフォンで完結し、視覚的な表現(イメージ、アニメー ションなど) の制作をしながらプログラミングをいつでもどこでも手軽に学べます。感性と論理をともに高め、学ぶひとの創造性を引き上げます。

デザインのポイント
1.スマートフォンでソースコードを編集/実行できるエディター
2.美しさを重視した豊富なサンプルプログラム
3.長場雄オリジナルのキュートなイラスト
プロデューサー

株式会社INERTIA 瀧口一成

ディレクター

前橋工科大学准教授 田所淳

デザイナー

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC) 環境情報学部教授 脇田玲

詳細情報

https://easelart.io

発売
2020年3月16日
価格

990円 (税込)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

2020年度から教育施策にプログラミング教育が必修化されるなど、プログラミング教育の重要性が高まっています。ビジネスシーンにおいても、論理的思考・科学的知識だけではなく、これからのグローバル人材は、アート(感性や美意識)の要素も必要となります。現代の直面する課題解決の鍵となり、見えづらくなっている本質を考えさせてくれるのです。日本の中高生のPC所有率は低いため、通勤・通学・スキマ時間に学べるよう誰でもアクセスできるデバイスである、スマートフォンに教材を落とし込みました。消費のツールになってしまっているスマートフォンを創作の道具に変換することが重要だと考えます。個人の中にある感覚をロジックに変換する能力を高め、クリエイティブに生きるための一助になればとの想いから、easelは生まれました。

経緯とその成果

従来のプログラミングは、魅力的なサンプルが少なく、学習者のモチベーションを高めることが難しいため、子どもも大人も作りたい、と思わせるようなコンテンツが必要でした。easelでは、楽しい、キレイなど感性に訴えるような、動的なものから静的なものまで、様々なサンプルを用意しています。また、通常PC上でプログラムを書くことが多い中、表示画面の小さいスマートフォンにおいて、easelオリジナルのエディターでは、ソースコードの編集やプログラムの実行ができるので自由度の高い創造的な学びを可能にします。

仕様

◼️インターネット接続環境でブラウザ上で動作(スマートフォン、タブレット、PC) ※スマートフォンに最適化 [iPhoneの場合]iOS12.4.1以上の”Safari”または”Google Chrome”でのご利用を推奨[Androidの場合]Androidバージョン8.0.0以上の”Google Chrome”を推奨 ◼️言語:JavaScript, Processing(p5.js)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

◼️Webサイト上
easel
easel HP
脇田玲 HP

審査委員の評価

芸術表現とコンピュータープログラミングの世界を1つの教育デバイスにまとめるという難しい試みを実現したこの製品に出会えたことは本当に素晴らしい。この見事なソフトウエア製品は包括的かつ魅力的なプラットフォームを提供する。入念に作り上げられ、きめ細かく、アウトプットが美しい。この芸術と技術を合体させた製品がシリーズ化されることを期待する。

担当審査委員| 長田 英知   内田 友紀   近藤 ヒデノリ   Miles Pennington   水野 祐  

ページトップへ