GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
冷蔵庫 [日立冷凍冷蔵庫 国内主力高級鋼板タイプ(Hタイプ)]
事業主体名
日立グローバルライフソリューションズ株式会社
分類
生活家電
受賞企業
日立グローバルライフソリューションズ株式会社 (東京都)
受賞番号
20G070364
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国内外の多様な住空間に設置可能な6ドア冷凍冷蔵庫。充実した収納量と保鮮機能を備え、面材にはフラットで質感の高い鋼板を使用した。

デザインのポイント
1.国内外の多様な住宅スペースに対応し、大容量の収納が可能な省スペース設計。
2.冷蔵室全段がまるごとチルドとして使えるなど、どの部屋も食品の鮮度を長持ちさせる機能にこだわった仕様。
3.インテリアに馴染みやすいノイズレスの外観意匠かつ、リサイクルが容易でもある高級鋼板面材仕様。
プロデューサー

日立グローバルライフソリューションズ株式会社 専務取締役 ホームソリューション事業部長 須藤利昭

ディレクター

株式会社日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ 中島一州

デザイナー

株式会社日立製作所 研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ 大石紘一郎、小林雅由子

発売予定
2020年10月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

本開発にあたっては、ユーザーの生活スタイルの変化3点に着目した。一つ目は、都市人口の増加である。国内海外問わず利便性の良い都市部に住む人が増加しており、狭小空間で生活を強いられる。そのため冷蔵庫に割り当てられる空間も限られている。二つ目は、共働き世帯の増加である。限られた時間で食事の準備をするために、作り置きを保存をするユーザーが増えている。三つ目は、キッチンスタイルの変化である。リビングに開かれたオープンタイプのキッチンを備えた住宅が増加しており、冷蔵庫もリビングの景観を構成する要素となっている。さらに、こうした生活の変化に加えて、製品自体のライフサイクルにも着目した。現在、国内市場においては、面材として耐久性や平滑性に優れたガラスが使用されることが多いが、そのリサイクル性の向上が課題となっている。

経緯とその成果

生活スタイルや住空間に合わせて奥行きの異なる2つの容量帯から選択が可能で、従来収まらなかった狭いスペースにも大容量冷蔵庫の設置が可能となった。ドアには真空断熱材を使用し、断熱効率を高めながらもドアの薄型化を図っている。独自の保鮮機能として、冷蔵室全段を約2℃の低温と約80%の高い湿度で食材の鮮度を長持ちさせるまるごとチルドとすることで、ラップ無しでも食材の乾燥や変色を抑え、作り置きした料理をおいしく手間をかけずに保存することが可能である。また面材には製品のリサイクル率の高い鋼板ドアを採用した。外観意匠としては、極力無駄な造形要素を減らすため、鋼板とハンドル樹脂部品との構成を見直した。鋼板の表面はマットのテクスチャとすることで、インテリアの邪魔をせず、その空間に溶け込んでいくことをめざしている。

仕様

650W x 701D x 1833H(mm)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、海外家電量販店、日立チェーンストール
日立の家電品・冷蔵庫ウェブサイト

審査委員の評価

もしかしたら、5m離れればデザインの「違い」は分らないかもしれない。しかし、緻密に作り込まれたディティールと品質の良さから、デザインの「良さ」は5m離れても感じられる。食品を最適な状態で保存するという機能は申し分なく、サイズは住宅事情が考慮されている。扉にはガラスよりリサイクル率の高い鋼板を採用しながらも高度な技術でフラットに仕上げられている。全てが緻密に作り込まれたデザインは、長年冷蔵庫メーカーの一つとして業界をリードしてきた会社としての執念すら感じる。美しいディティールの集積が美しいデザインを構成する。

担当審査委員| 三宅 一成   玉井 美由紀   松本 博子   安井 重哉  

ページトップへ