GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2020

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマートプランター [grow HOME]
事業主体名
プランティオ株式会社
分類
園芸用品
受賞企業
プランティオ株式会社 (東京都)
受賞番号
20G040191
受賞概要
2020年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

都市生活者が野菜栽培を通じてコミュニケーションを育み、収穫はFarm to Tableとして楽しむ、IoT+AIプランター

デザインのポイント
1.1955年に発明された元祖”プランター”に「IoT+AI」「コミュニティ」を加えリデザインしました。
2.プランター型だけではなく、センサー部を独立させビルの屋上などの畑でも使える2wayデザイン。
3.素材、土、種、grow HOMEに含まれるすべてがリサイクル、再利用可能、持続・循環可能なデザイン。
プロデューサー

プランティオ株式会社 CEO 芹澤孝悦

ディレクター

プランティオ株式会社 CTO 日野原錦

デザイナー

武蔵野美術大学 教授 山崎和彦+三枝樹デザイン事務所 三枝樹成昭、竹内公啓+セロン工業株式会社 芹澤次郎+プランティオ株式会社 芹澤孝悦

武蔵野美術大学 教授 山崎 和彦

詳細情報

http://grow.plantio.com/

発売予定
2021年2月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

1955年に祖父が”プランター”という和製英語を発明・開発しました。前回の東京オリンピックをきっかけに世界に広まったのですが、当時は団地が立ち並び次々に畑や緑が消え、人々が”農”から遠ざかってしまう事を憂いベランダを縮小した長方形の容器”プランター”を発明しました。以来65年間、多少の形や機能は変われど、本質的な意味でのアップデートはされぬまま、一般の方へ対しての”アグリカルチャー”のアプローチは何の変化もありませんでした。2020年、わたしたちがデザインするのは野菜栽培を通じたコミュニケーションの形成とその先にある持続可能な食と農のある社会です。”野菜は買う物”という従来農業一択ではなく、海外のように自分達でも手軽に野菜が育てられる機会を提供すべく本プロダクトをデザイン致しました。

経緯とその成果

単に花とみどりを育てるのではなく、野菜栽培に特化し、野菜栽培を通じてコミュニケーションが発生するようにデザインしています。底部のプランターの機構は祖父が発明したデザインをそのままに、IoTとAIを搭載。プランターが増えれば増えるほど学習するAIシステム「Crowd Farming System」により栽培者へベストなタイミングで通知、お手入れ情報を教えます。専用アプリ「grow GO」ではお手入れと栽培の記録のみならず、自分の栽培を他者と共有することでレシピや料理情報をおすすめしあったり、コミュニティを通じて野菜の交換やオンラインワークショップへの参加が可能となります。大手不動産デベロッパーや大手通信会社などを通じ、一般住宅やマンション、コワーキングスペースなどに導入され、多くの方々が自分たちでたのしく野菜を育て、共有する、野菜栽培を通じた新しい体験をして頂いております。

仕様

本体サイズ:W 325 * D 345 * H 308 mm /センサー部サイズ:W 55.4 * D 119.3 * H 219.8 mm/容量・重量:16L・11kg/通信機能:Bluetooth Wi-Fi/防水性能:IP56/連続駆動時間:2ヵ月/充電時間:4 時間/専用アプリ「grow GO」

どこで購入できるか、
どこで見られるか

grow ONLINE STORE/「TOKYO MIDORI LABO.」屋上コミュニティファーム
grow │ grow公式ブランドサイト - 楽しく育てて、楽しく食べる。
grow JOURNAL │ ”共給共足”を目指す「食」と「農」のWEBマガジン
PLANTIO │ 持続可能な食と農をアグリテインメントな世界へ

審査委員の評価

食の安全を考えると自分で野菜を育てることに行きつくが、なかなかハードルが高い。そのハードルを下げるためのプロダクトとサービスである。フレンドリーな優しい形状のセンサーデバイスと環境に優しい素材のプランター、土、野菜のタネを合わせたIoTプランターセットに構成され、届いた日から野菜作りを始めることができる。野菜作りは収穫までの過程で様々な問題に直面するが、「これならできる」と思わせるものがある。このサービスは、デザインを蔑ろにすることなく、むしろ前面に押し出し、ユーザーとの接点として考えられている。

担当審査委員| 渡辺 弘明   色部 義昭   清水 久和   ムラカミ カイエ  

ページトップへ