GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
スツール [スツール 60]
事業主体名
ARTEK / Vitra株式会社
分類
生活家具
受賞企業
Vitra株式会社 (東京都)
受賞番号
19L00009
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

座面と三本の脚という最小限の要素で形作られています。椅子やローテーブル、オブジェを飾る台として様々な使い方ができます。タワーのように重ねる事もでき、収納場所にも困りません。フィンランドにある工場で42もの製造工程を経て生み出され、色と仕上げのバージョンが豊富。時を越え、国や文化を越え、世界中で愛され続けています。

デザインのポイント
1.シンプルなデザインだからこそ、時を越えて、普遍的なデザインアイコンとなっています。
2.アアルト特有の曲げ木の技法によって、無垢の木材に角度を付けています。
3.素材はサスティナブルなフィンランド産のバーチ材。
デザイナー

アルヴァ・アアルト

詳細情報

https://www.artek.fi/jp/products/stool-60

デザイン
1933年12月
価格

23,000 ~ 31,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

世界中でモダニズム運動が沸き起こった1920年代、フィンランドにも工業化の波が押し寄せていました。建築家でありデザイナーでもあったアルヴァ・アアルトは、独立からまだ日が浅いフィンランドにとって、建築とデザインが国のアイデンティティの形成と国際的な経済的地盤を築くために重要であると信じていました。アアルトは、家具を大量生産するため、合理的な家具部品のスタンダード化と新たな技術が必要であると考えていました。

経緯とその成果

アルヴァ・アアルトは、家具職人オット・コルホネンとともに、フィンランド南西部のトゥルク郊外の工場で、フィンランド国内の自然素材を用いた曲げ木の技術の開発を始めました。その結果生まれた「L - レッグ」という、強固な無垢材を直角に曲げる技術は、1933年に特許を取得、アルテックの家具デザインの基礎を築きました。L - レッグを用いた最初の製品スツール 60の発表からほどなく、L - レッグは4つのサイズが製造され、スツール、チェア、テーブル等、50を超える製品に応用されています。

仕様

サイズ:W38 D38 H44 cm 素材:バーチ材 原産国:フィンランド

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Artek Tokyo Store 住所:東京都渋谷区神宮前5-9-20
ARTEK.FI
Artek Japan Webstore

審査委員の評価

1933年にアルヴァ・アアルトのデザインしたこのスツールは86年間全く形を変えず作り続けられている。無垢材を櫛のような技術で曲げた“L-レッグ”が基本で、簡単に組み立てられることにより世界中に輸出が可能になり国を支える産業となったデザインである。最も著名なデザインだが常に誰もが買える値段が維持されている点も重要だ。創業当時から地元の素材や自然を活かし、80年以上の樹齢の木材を使いたサステナブルな生産システムを確立している点も評価した。

担当審査委員| 柴田 文江   齋藤 精一   田村 昌紀   藤本幸三  

ページトップへ