GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Web Service [Park Direct]
事業主体名
株式会社ニーリー
分類
一般・公共用システム・サービス
受賞企業
株式会社ニーリー (東京都)
受賞番号
19G161231
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Park Directは月極駐車場のオンライン契約サービスです。駐車場を探している方にはポータルサイトを提供します。空車状況の確認から契約までオンライン上で完結することが可能です。不動産会社には駐車場、顧客の管理システムを提供します。駐車場の登録・掲載や顧客情報、契約の管理までをシステム上で行うことが可能です。

デザインのポイント
1.不動産管理会社の駐車場管理業務をオンラインで自動化することで、業務負荷を削減
2.月極駐車場の空き状況確認、申込、契約、支払い、解約を全てオンライン化し、ユーザーの利用負荷を削減
プロデューサー

株式会社ニーリー 取締役 伊藤 千央

ディレクター

株式会社ニーリー 取締役 伊藤 千央

デザイナー

株式会社ニーリー designer 原 貴範

詳細情報

https://www.park-direct.jp/

発売予定
2019年5月25日
価格

30,000 ~ 500,000円 (【内容】 ・システム利用料、 顧客管理手数料等 ・上記金額は1社あたりの月額を想定)

販売地域

日本国内向け

設置場所

全国

受賞対象の詳細

背景

利用者(借主) ・5割のユーザーが初めはネットで月極駐車場を探すが、情報が少なく最終的に8割のユーザーが家の近隣を歩き回り探している ・駐車場発見後、看板記載の電話番号に架電し、駐車場空き状況の確認と店舗への来店日時の調整を不動産会社と行う(営業時間外で繋がらないことが多い) ・家から1時間以上離れた立地に店舗がある場合が多々ある ・来店後、申込書を記載し審査結果を待ち、後日郵送で契約を行う ・支払いは、銀行振込、手渡しなど従来の支払い手法が主流/管理側(貸主) ・募集は駐車場に設置した看板が殆どで、郵送作業などで契約業務の負荷も重く、従来型の支払い手法のため賃料の未払い発生率が高い ・住居と比べ駐車場は売上単価が1/10程度低いため、駐車場の募集〜契約〜管理業務をできるだけなくしたいと考えている → 借主、貸主双方の作業負荷を最大限削減できる月極駐車場オンライン契約サービスを考案した

経緯とその成果

利用者(借主)と管理側(貸主)の双方が、これまでオフラインで完結していたやり取り全てをオンライン化することに対して、ハードルの高さやストレスを感じず「極力シンプルに契約、利用できること」を目指した 【利用者】 ・希望の駐車場を最短で検索できる工夫(QRや現在地検索、レコメンド機能) ・初期費用総額の明確化 ・既視感のある一般的なレイアウトやUIデザインにし、サービス利用の学習コスト抑制 ・問合せ、申込、契約、更新、解約、支払いの全工程をオンライン化 ・クレジット決済、口座引落の導入 【管理側】 ・借主(各種問合せや申込・契約等)の状況に応じて管理者が対応しやすいよう、借主をステータスごとに分類、検索できるよう工夫 ・住居と異なり駐車場特有の条件(車庫によってサイズが違う、契約書が違う等)をシームレスに登録できるように工夫 ・問合せ対応の自動化、申込書、契約書送付、各種手続きのオンライン化

仕様

Internet Explorer、Chrome、FireFox、safariの最新版、スマートフォンにインストールされている標準的なwebブラウザ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Park Direct

審査委員の評価

今でも現場での目視、電話でのやり取り、紙と手作業による管理が当たり前の月極駐車場の契約をアップデートするサービス。月極駐車場を発見する最大のメディアである看板を生かしたユーザー向けのUIや、これまで親しんできた駐車場の見取り図をそのまま管理画面にも組み込むなどの管理者向けUIなどの丁寧なサービス設計も評価された。また駐車場の登録・掲載、顧客情報や契約の管理など管理者の業務負担を軽減することにも貢献している。

担当審査委員| 林 千晶   井上 裕太   長田 英知   水野 祐  

ページトップへ