GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
フォトギフトサービス [OKURU]
事業主体名
株式会社スフィダンテ
分類
一般・公共用アプリケーション・ソフトウェア
受賞企業
株式会社スフィダンテ (東京都)
受賞番号
18G141149
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スマホで撮った写真を、大切な人にフォトギフトとして贈るサービスです。 たくさんの「想い出」「笑顔」が詰まった写真を、世界に一つだけの贈りものとして届けたいという想いを「OKURU」というサービス名に込めました。写真を「贈る・飾る・残す」ことにこだわって、スマホの写真から日常の中に笑顔を生み出すようにデザインしました。フォトブックとは違った形として、日常の中で家族の写真を見れるように、どんな場所にも飾りやすい商品を提案しています。また、育児や仕事で忙しい方でも、隙間時間に簡単に作れるように、シンプルで直感的なアプリのUI・UXになっているのも大きな特徴です。

プロデューサー

株式会社スフィダンテ 安本圭佑

ディレクター

株式会社スフィダンテ 稲場竜一

デザイナー

株式会社スフィダンテ 稲場竜一

詳細情報

https://okuru-photo.jp/

発売
2017年11月11日
価格

800 ~ 3,600円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日常の中に写真を「贈る・飾る・残す」機会をつくることで、家族の笑顔を生み出すようデザインしました。

背景

昨年子供が生まれ、離れて暮らす両親に写真をプリントして贈ると、両親がとても喜んでくれ、離れていても写真の力で家族に笑顔を増やせることを実感しました。こういった経験から写真をプリントして残すことの大切さを実感しましたが、スマートフォンで気軽に写真を撮る機会が増えている反面、手に取れるモノとして残すことは少なくなっています。 そのため、OKURUでは、日常の生活の中で家族の写真を見て笑顔が増えるように、どのような場所でも飾りやすくすることを意識してデザインし、「写真を贈りたくなる・飾りたくなる・残したくなる」と思えることを大切にしました。

デザイナーの想い

写真を手元に残す商品ではフォトブックが主流となっていますが、OKURUでは家の中に家族の写真をおしゃれに飾る機会をつくり、日々の生活の中に笑顔を生み出すことを意識してサービスを設計しました。そういった機会を増やすために、まず贈る側のことを意識し、贈りたくなるようなパッケージデザイン、どんな場所にも飾れる商品デザインにこだわりました。また、小さなお子さんがいる方に使っていただきたいと考え、アプリはシンプルで直感的に操作できることを意識して設計しています。子育て・仕事の両立で時間が限られている方でも、子どもの近況や日頃の感謝を手軽に伝えられるようにしています。今後は、さらに「写真を贈りたくなる・飾りたくなる・残したくなる」商品を増やしていくことで、手に取るたび、見るたび、笑顔あふれるような、フォトギフトサービスを目指していきます。

仕様

【アプリ推奨利用環境】iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPad touchに対応。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Apple App Store
公式サイト
Apple App Store

審査委員の評価

フォトギフトサービスには優れた先行事例が存在するが、OKURUはアプリ以外にも、牛乳パックなどから作られた再生紙を利用したユニークなプロダクトの完成度も高い点が評価された。写真プリントを日常空間に配する、従来の写真アルバム以外の提案として、今後も多様な形式を考案されることに期待したい。

担当審査委員| ドミニク・チェン   Andrew Pang   閑歳 孝子   長田 英知   藤崎 圭一郎   Andrew Pang  

ページトップへ