GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マンション [ZOOM 両国]
事業主体名
株式会社トーシンパートナーズ
分類
中〜大規模集合住宅
受賞企業
株式会社トーシンパートナーズ (東京都)
受賞番号
18G110919
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

両国駅南側に立地する1LDK中心の賃貸集合住宅。地域はかつて本所と呼ばれ、江戸文化の中心地であった。また駅周辺は両国国技館をはじめすみだ北斎美術館、両国江戸NORENなど外国人観光客にも人気のスポットが充実し、相撲人気を中心に江戸情緒を味わえる街としての期待値が高い。そこで、この街に住まう人、訪れる人、それぞれの期待を裏切らず、相撲だけではない両国の魅力を伝える江戸の記憶をデザインに盛り込んだ。誰もが和を感じとれるように、外観は網代模様の外壁と白木風の軒天井で構成。中庭の採光が人々の目線を奥へと誘い込むエントランスホールは間口の狭い敷地形状を活かした町屋造り風のプランニングを採用した。

プロデューサー

株式会社トーシンパートナーズ 千代谷直之

ディレクター

株式会社トーシンパートナーズ 開発事業本部 加藤寛

デザイナー

株式会社トーシンパートナーズ 開発事業本部 杉原義法

詳細情報

http://www.tohshin.co.jp/zoom_ryogoku/

利用開始
2017年8月
価格

28,400,000 ~ 54,300,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都墨田区両国二丁目2番6号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

狭い間口を活かした町屋造りのプランニングと和の素材を使ったデザインで江戸の記憶を伝承する集合住宅

背景

国技館で有名な両国は大相撲の街というイメージが定着しているが、かつては本所と呼ばれ江戸文化の中心地であった。今も街を散策すれば、鼠小僧の墓がある回向院や本所松坂町の吉良上野介邸跡、葛飾北斎の住居跡や創作の地など江戸の名残を感じさせる多くの史跡に出会えるが、残念なことに周囲に乱立する様々な意匠の建築物がそのおもむきをかき消してしまっている。その一方で近年、駅周辺は相撲人気に端を発してリニューアルされた江戸東京博物館、両国駅旧駅舎を改装した両国江戸NOREN、すみだ北斎美術館など、街歩きで訪れる人や外国人観光客にも人気のスポットが続々オープンし、街全体に江戸をテーマとする“両国ブランド”を期待する向きが高まりつつある。これらの背景をふまえ、かつてこの界隈に活気をもたらしていた鯔背な人々の暮らしぶりが伝わるような江戸の町をデザインで継承し、大相撲だけでない両国の魅力を伝えていければと考えた。

デザイナーの想い

本件デザインで江戸文化を伝承するにあたり、約8.4m×約40mという極端に間口の狭い敷地条件が逆に発想の起点となった。いわゆる“うなぎの寝床”であり、これを活かすため伝統的な町屋造りのゾーニングを採用し、吹抜け部から自然光と風が入るようにした。素材やディテールにもこだわり、壁材は藁すさを混ぜた左官壁、傍らに配したソファーは張地に江戸紫の特注カラーを使い、洗出しの床、白木の格子に沿って、江戸の町を縦横に走る水路をモチーフにした床の間接照明を設置。敷き並べたごろた石の表面にクリアラッカーを塗って水面の輝きを演出した。これらの趣向で設えたエントランスホールが日々利用する居住者のステイタスとなって、ここに住むこと、さらに両国に住まうことが嬉しいと感じていただければ幸いである。また街行く人々や外国人観光客にとっても歴史ある江戸の「和」を感じられるスポットとして愛される存在となることを願っている。

仕様

■敷地面積337.83㎡(実測) ■建築面積242.23㎡ ■延床面積1,960.99㎡ ■建ぺい率80%(耐火建築物により100%) ■容積率500%・400%(加重平均により449.92%) ■構造・規模 鉄筋コンクリート造 地上11階建 ■総戸数43戸+1戸(管理室)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都墨田区両国二丁目2番6号
ZOOM両国

審査委員の評価

共同住宅のファサードデザインにおいて重視されがちである手すりや外壁の素材に対し、「見上げ」によって軒裏にフォーカスしている点はファサードデザインにおいて1つの発見であると言える。腰壁のデザインは、住まい手が部屋側から味わうことができない要素だが、軒裏は室内やバルコニーからも味わうことができる。軒裏のデザインは天井を吊ることになり、コスト面からは難しい面もあるが、さらにこれを突き詰める取り組みが生まれることを期待したい。

担当審査委員| 篠原 聡子   猪熊 純   西田 司  

ページトップへ