GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
会議テーブル [カーム]
事業主体名
コクヨ株式会社
分類
店舗・オフィス・公共用家具
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
受賞番号
18G090775
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【機能】天板フラップと連動したオートロック機構を採用した、大学の講義室やオフィスの会議室向けフラップテーブル。1アクションでキャスター4輪全てを強固にロック/解除が可能。天板下に設けた一時解除スイッチを押すことで、天板を水平状態のまま動かせるので、授業中のレイアウト変更にも柔軟に対応できる。スイッチは手前と側面両方からアクセスでき、軽い操作感。 【意匠】単体だけでなく複数台を並べた時も美しく見えるよう、最大限外側に配された脚や幕板は、隣接するテーブル同士の一体感を与える。また上記のような高い機能性や構造体をミニマルなフォルムに内包させることで、空間全体をスッキリ整然と見せることが出来る。

デザイナー

コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部 教育バリューチーム 徳山洋/革新センター 大木一毅/コミュニケーションバリューチーム 松岡純

詳細情報

http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/calm/

発売
2017年12月21日
価格

79,600 ~ 100,500円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

高い固定性と軽快な移動性を兼ね備えた、空間との調和が美しいフォールディングテーブル

背景

大学の講義室では入試やテスト利用時などにキッチリ固定され、ガタつかないというニーズと、授業時の多様なレイアウト変更に対応できる移動性の高さに対するニーズが存在する。このニーズは大学の講義シーンだけではなく、民間オフィスのワークショップやミーティングにおいても同様に必要であり、フラップテーブルの新たな使用シーンを提供できるものである。 商品化に際して、プロジェクトメンバーは担当市場の枠組みを越えて協力し、開発を行なった。

デザイナーの想い

従来のフラップテーブルは、単体で完結した造形のものが多く、空間にたくさん並べられた時の美しさや全体の調和などの視点が少ないように感じていた。 空間や全体との調和を考え、水平垂直を基調とし、最小限のラインで構成されたフォルムの中に、ユーザーの快適な機能性を持たせたいと考えた。 実際の利用シーンを観察し、ユーザーが自然に使う行為の中に各機能の最適な配置を改めて定義しなおした。その上で、実現のために設計者と共に構造や製造方法の検討を重ねていった。

仕様

■寸法  [1人用]W700xD450xH720  [2人用]W1500xD450/600xH720  [3人用]W1800xD450/600xH720 ■材質  [天板]表面材:メラミン化粧板     エッジ:ABS     芯材:パーティクルボード  [脚] 支柱:スチールパイプ     脚ベース:アルミダイカスト     キャスター:薄型キャスター  [パネル]樹脂押出材

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コクヨ株式会社 東京ショールーム、梅田ショールーム

審査委員の評価

天板フラップと連動した4輪全てのキャスターオートロック機構は、大変利便性が高く、一時解除スイッチも天板下に設けられ、感覚的に微調整することができ、ストレスのない使い勝手の良い配慮がある。複数台並べた時の連続感も脚幕板と細部まで美しく仕上げられ完成度の高い製品と評価している。

担当審査委員| 寳角 光伸   朝倉 重徳   五十嵐 久枝   長町 志穂   Jongrae Park  

ページトップへ