GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
緑茶ミル [お茶ミル・チャコ]
事業主体名
HARIO株式会社
分類
調理器具
受賞企業
HARIO株式会社 (東京都)
受賞番号
18G040243
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「お茶ミル・チャコ」は緑茶葉を粉末にするための器具です。 緑茶を粉末にすることでお湯や水で溶かして飲んだり、料理に活用することができます。 通常のお茶の抽出方法では、お茶の栄養素が7割程茶殻に残っていますが、粉末にして摂ることで、お茶の栄養を丸ごと摂取できます。 このお茶ミルには製品の中央部にフィルターメッシュが付いています。フィルターメッシュの機能として、挽き残った粗い茶葉を選り分ける機能と料理などにまんべんなく振りかけられる機能があります。挽いたときに粗い茶葉が粉受けボールに落ちないことにより、よりなめらかな粉末茶になります。

プロデューサー

HARIO株式会社 マーケティング本部 商品開発部

ディレクター

HARIO株式会社 マーケティング本部 商品開発部

デザイナー

HARIO株式会社 マーケティング本部 商品開発部 中村典子

詳細情報

https://www.hario.com/seihin/productdetail.php?product=OMC-1-SG

発売
2018年3月
価格

3,500円 (本体価格)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

お茶の栄養、丸ごと摂取!粉ふりメッシュ付きお茶ミル・チャコ

背景

緑茶はなじみが深く、良く飲まれている飲み物ですが、茶葉に多くの栄養が残っていることを知りました。 そこで、緑茶を粉末にして飲む、さらには料理に活用しおいしく摂取できるようにする器具の開発に至りました。

デザイナーの想い

お茶ミル・チャコに「粉ふりメッシュ」をつけることでより料理に活用しやすくした点です。 粉が滑らかであることで、ダマになりにくく、きれいに振りかけたり、まんべんなく混ぜたりしづらい点を改善できたと思います。 また、握りやすさや挽いている状態が見えるようにし、手動で挽くことによる楽しさも味わえる器具です。

仕様

製品サイズ:幅 137 × 奥行 64 × 高 170mm  容量:茶葉10g  材質:MS樹脂、ポリプロピレン、ステンレス、ポリアセタール、セラミック  原産国:日本製

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東急ハンズ・イトーヨーカドー・私の部屋・伊勢丹・京王百貨店(新宿
HARIOお茶ミル・チャコ  ピックアップ
HARIOお茶ミル・チャコ 製品ページ

審査委員の評価

粉茶は茶葉の栄養分を余すことなく摂取できるため近年注目を集めている。この製品は自宅で緑茶葉を粉末にできるセラミック製のミルである。清潔感のある白い本体に、粉茶の滑らかな緑が美しい。軽量に作られた本体は精度が高く、小ぶりなサイズは女性でも扱いやすい。内部にはフィルターメッシュが付いており、茶葉を料理にも使える工夫がある。ハリオブランドのコーヒーミルとデザインの言語が連続しているところも評価したい。

担当審査委員| 鈴木 元   井上 裕太   玉井 美由紀   渡辺 弘明   Alex Terzariol   Byung-wook Chin  

ページトップへ