GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
釣竿 [天龍テンカラ風来坊 別誂]
事業主体名
株式会社天龍
分類
ホビー・ペット用品
受賞企業
株式会社天龍 (長野県)
受賞番号
18G020105
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本の伝統釣法である“テンカラ”をより快適に楽しむ為、職人の技術と最新の技法で進化させたテンカラ竿。 従来では別素材同士であった竿本体と握り部をカーボン素材で一体成型とし、軽量かつ高感度化された事で腕の一部の様な軽快な操作性と、魚の引きをダイレクトに感じ、魚とのやり取りを楽しむことが出来る。また職人の技でカーボンプリプレグを立体的に成型し、人差し指を添え繊細に竿を扱える形状と、親指を立て力強く竿を扱える形状とした事で2つのアプローチ方法を採用。外装には、カーボン繊維で織り上げた西陣織を採用し日本らしい意匠を表現。

プロデューサー

株式会社天龍 代表取締役社長 塩澤直人

ディレクター

株式会社天龍 釣具事業部

デザイナー

株式会社天龍 釣具事業部

詳細情報

https://fishing.tenryu-magna.com/ayu/furaibo.html

発売
2018年2月
価格

87,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

軽快な操作性と、釣り味を両立したテンカラ竿。

背景

テンカラ向けの竿として生まれた天龍テンカラ風来坊は、伝統的なテーパーラインの釣り方から最新のレベルラインの使用まで誰にでも楽しめるシリーズとして生まれた。そして、更なる軽快な操作性や魚とのやり取りを楽しめる竿という事をテーマに企画された。

デザイナーの想い

テンカラ釣りは、釣竿と釣り糸、毛針だけといったシンプルな組み合わせです。シンプルな釣りだからこそ、手が接する部分は操作性や釣り味といった点で大きく影響します。その為、竿との一体感と快適な振り心地を体感出来る構造と、変化する釣り場の状況に合わせて使い分けが出来る形状を目指しました。

仕様

全長 3.9m 継数 8本 仕舞寸法 58cm 自重 83g カーボン含有率 93%

どこで購入できるか、
どこで見られるか

釣具店

審査委員の評価

日本の伝統釣法テンカラのための釣竿。通常は別体として構成されるシャフト部とグリップ部を、カーボンで一体成型し、二通りの握り方ができる美しい一体形状に仕上げている。この一体構造は軽量なだけでなく、魚の引きを繊細に感じられることにも貢献しており、機能と美の融合が感じられる。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ