GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
セキュリティゲート [セキュリティゲート TAG-13000シリーズ]
事業主体名
株式会社高見沢サイバネティックス
分類
公共施設用機器・設備/公共用家具
受賞企業
株式会社高見沢サイバネティックス (東京都)
受賞番号
17G090854
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「利用者を優しく迎え入れる佇まい」と「厳格なセキュリティ機能」。この相反する要素の両立を目指したオフィスビル向けセキュリティゲートです。 ガラス素材を基調とし、特に入場側の透明度の高さや開放感を重視した「非対称デザイン」は、先進的なオフィスビルのエントランス空間に自然に溶け込み、利用者へ不要な圧迫感を与えないように配慮した結果生まれました。適度なフラップ高さによる不審者の飛び越えや滑り込み阻止はもちろん、発光表示による利用者誘導、人感センサによる安全性の確保、フラップ開閉速度のコントロール、低騒音モーターの採用など、搭載する全要素は利用者の安全と快適なゲート通過体験の為に最適化されています。

デザイナー

株式会社Caro 山口英文

山口英文

詳細情報

http://www.tacy.co.jp/

発売
2017年7月
販売地域

日本国内向け

設置場所

屋内

受賞対象の詳細

背景

昨今、様々な施設の一次警戒エリア(ビルエントランス、工場入出門、など)におけるセキュリティゲートの導入が加速されています。従来からのゲートの基本機能である「不審者の物理的な侵入防止」や、重要度が高まっているISMS(入・出社記録の管理を含む、情報セキュリティマネジメントシステム)の徹底はもちろんですが、一方で、デベロッパや建築設計者から要請が多いのが「エントランス空間での威圧感を控えた佇まい」です。これは私たちの暮らしを支える様々な技術が、今後ますます人に寄り添い、剥き出しの存在感を抑えたものに変わる中、セキュリティゲートのような機器も例外でないことを示しています。このような背景を元に、「厳格なセキュリティ機能」を確実に満たしつつ、オフィスビルの勤務者や訪れるゲストなど、ゲートを通過する大部分の人々を「優しく迎え入れるデザイン」が有効だと判断し、具体的な開発へと繋げました。

経緯とその成果

非対称フォルムを採用し、「やさしさ」と「ハイセキュリティ」の融合を目指したセキュリティゲート

デザイナーの想い

エントランス空間において、従来型セキュリティゲートの「金属の箱」としての威圧感を軽減するという課題に対しては、ガラスなど透明度の高い素材を活用すれば、ある程度は解決可能です。ただし本製品は、単に透明度の高い製品を造る事に留まらず、入場側の開放感を最大化し、人々をやさしく迎え入れる「非対称フォルム」の実現を目指していました。その為、詳細デザインにおいては、従来は筐体の中心に配置されていた電源・駆動・制御の機構部品を退場側へ移動させるなど、デザイナーと設計者が緊密に連携し、大胆な実装レイアウトを行っています。同時に、単に奇抜なスタイリングに仕上げる為にゲート本来の必要スペックを削ったり、メンテナンス性などの完成度を低下させるような事は徹底して避けています。そして、今後多くのゲートが威圧感の少なさを訴求する状況となった場合でも、引き続き確かな個性を備えたデザインでいられる事を目指しました。

仕様

[サイズ]奥行1,780×高さ900×幅150mm(扉高さ1,200,1800mm選択/通路幅600,900mm選択)[材質]ステンレス・塗装鋼板・強化合せガラス[消費電力]待機時約40W/動作時約52W [認証方式]非接触ICカード[通行能力]連続通過モード約50人/分[構造・機能]自動双方向型水平フラップ方式・衝突ガード付き・扉動作速度可変・セキュリティ動作レベル切替・LED発光色切替、など。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

高見沢サイバネティックス本社(中野区中央2-48-5)/長野第三工場(長野県佐久市田口5662)
Tacy - 高見沢サイバネティックス

審査委員の評価

威圧感を軽減するために透明素材を使い、その透明素材のエッジを光らせることで表示に使うなど様々な課題に対して、整合性を持って合理的に解決されている。また、入場と退場に対して非対称の方向性を持った形状にするなど、新しい試みに対する挑戦姿勢も評価された。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   朝倉 重徳   加藤 麻樹   寳角 光伸   Sertaç Ersayın  

ページトップへ