GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウェブサイト [NHK VR NEWS]
事業主体名
日本放送協会
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
日本放送協会 (東京都)
受賞番号
16G121022
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

遠く離れた場所などに訪れたような体験ができるバーチャルリアリティ=VRの技術を、災害や紛争、政治、スポーツなどのニュースの報道に活用しました。このサイトではNHKが制作したVRのコンテンツを一堂に紹介します。VRは360°の視界で動画や画像を見られることが特徴で、このサイトも立体的な球体にデザインしました。PCだけでなくスマートフォンでも同様に立体的に表示されます。

プロデューサー

足立義則

ディレクター

株式会社NHKアート 阿南紳一

デザイナー

株式会社NHKアート 阿南紳一/松岡宗人

詳細情報

http://www.nhk.or.jp/d-navi/vr/index.html

利用開始
2016年1月25日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

NHK Webサーバー

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

360°の視界を楽しめるVRのインターフェイスをもとに「球体」をデザインコンセプトとしました。

背景

以前は高価で大掛かりな機材が必要だったVRの技術も、スマートフォンや安価なヘッドセットの普及で手軽に楽しめるようになり、ことしはソニーやフェイスブック、グーグル、サムスンなど多くの企業がVR市場に参入して「VR元年」と呼ばれています。VRの活用は現状は主にゲームやエンタメ分野が中心ですが、報道分野への活用にも多くの可能性があると考え、NHKが制作したVRコンテンツを紹介するサイトを制作しました。

デザイナーの想い

要件に対してシンプルなデザインとしました。トップページからの各コンテンツには取材者・撮影者方のバーチャルリアリティニュースが掲載されており直感的に各コンテンツへ導入するデザインとしました。またスマートフォンファーストを主眼にタッチやタップ操作による使い勝手の良いボタン機能にしました。

企画・開発の意義

誰もが手にするスマホやタブレットを使って、災害に見舞われた地域や悲惨な紛争地帯、政治の現場やアスリートの鼓動などをあたかもその場所にいるように体験できるのがVRの技術です。従来のテレビやWebによる「平面的な」報道とはまったく異なる仮想体験による報道を通じて、遠く離れた場所で起きた社会問題などをより身近な「自分事」に感じて理解を深め、さまざまな問題の解決につなげることがねらいです。

創意工夫

バーチャルリアリティのキーワードからデバイス上の三次元空間で自在に操作できるユーザーインターフェイスのプログラミング開発をおこないました。なめらかでストレスフリーに操作でき、極めてシンプルなボタン構成のインターフェースを製作しました。

仕様

対応ブラウザ:PCではGoogle Chrome,Firefox,InternetExplorer11,Edge, いずれも最新版を推奨。 スマートフォンでは、iOS7.X以降のSafari,Android4.1以降の実機の標準ブラウザまたはChromeでいずれも最新版を推奨

どこで購入できるか、
どこで見られるか

NHK VR NEWS

審査委員の評価

視点を自由に移動できるVRは今までの報道アングルでは伝えられなかった生の情報を伝えることができるツールになる。コンテンツデザインだけではなく、その試み・取り組みも含めて評価した。

担当審査委員| 齋藤 精一   色部 義昭   平林 奈緒美   Ming-Lung Yu  

ページトップへ