GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
プロジェクター [EB-L25000U]
事業主体名
セイコーエプソン株式会社
分類
業務用放送・音響機器
受賞企業
セイコーエプソン株式会社 (長野県)
受賞番号
16G050307
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

大展示場、コンサートホール、屋外サイネージ等で使用される高輝度/高解像度プロジェクター。 レーザー光源を採用した3LCDプロジェクターとして、25,000lmの明るさに加え、約20,000時間メンテナンスフリーという高い信頼性を実現しました。

ディレクター

セイコーエプソン株式会社 機器デザイン部

デザイナー

セイコーエプソン株式会社 機器デザイン部

詳細情報

http://www.epson.jp/products/bizprojector/laser/

発売予定
2016年12月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

過酷な使用環境に耐える堅牢感と安全性。効率的な作業環境を実現する使いやすさと信頼性。

背景

イベント会場など過酷な環境で使用される大型プロジェクターへの厳しい以下のような条件をクリアし、ユーザーの真に求める製品を世に送り出すことを目的としました。 ・明るく鮮明な画像を実現するための20000lm以上の照度と4K解像度対応 ・様々な設置環境に対応できる自由度の高さ ・スモークや埃に耐える防塵機構 ・ランプによるトラブル、メンテナンスをなくすためのレーザー光源化

デザイナーの想い

本製品はエプソン独自の技術を結集し、3LCD方式としては世界最高となる25,000lmの明るさに加え、高精細でありながら自然で明るい4K 映像の投射を実現しました。 また、過酷なイベント会場での機器設置が安全で簡単にできるよう使い勝手を考え抜いたデザインを与えています。 素晴らしい映像体験が多くの人にとって身近なものにできればと考え製品を創りあげました。

企画・開発の意義

より良い操作性を実現することで設置の際の事故を減らし、ユーザーの作業環境を改善します。また、メンテナンス性が高く、壊れにくい筐体によって今まで必要とされた修理/交換部品を削減し、製品ライフサイクルを伸ばすことで地球環境に貢献することが可能です。

創意工夫

外観デザインからコンセプトを感じさせるため以下の二点を特に注力しました。 ・堅牢性を表現するための大胆なシルエット ・性能を表現するレンズ周りを強調するディティール また外観だけでなくプロフェッショナルユースに応えるデザインを実現するための取り組みを行い下記要素をデザインに取り入れました。 ・過酷な使用環境に耐えるための耐擦過性を高めるCMF ・作業性と設置性を高めるための効率的なハンドルレイアウト ・操作をアフォーダンスするようなディティール表現 ・機器の状態を把握しやすくするためのモニターレイアウトやLEDインジケーター位置の配慮

仕様

明るさ:25,000lm 解像度:WUXGA(4K対応) 重量 :73.0kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

製品ホームページ

審査委員の評価

イベント会場など過酷な環境で使用される大型プロジェクターには、使用環境に耐える堅牢性と安全性、プロが求める使い勝手と信頼性、設置の自由度が求められる。そのような課題に対し真摯に向き合い、ひとつひとつ解決していった点を高く評価した。特にハンドルフレームを最初から準備した点は、設置の安全性と効率性が格段にアップすると考えられる。実際に使用するユーザーの視点に立ち、考え抜いたデザインである。

担当審査委員| 林 信行   緒方 壽人   岡本 誠   宮崎 光弘   Do-sung Chung  

ページトップへ