GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
食器用洗剤 [ヤシノミ洗剤 プレミアムパワー]
事業主体名
サラヤ株式会社
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
サラヤ株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G030131
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

エコ洗剤をリードしてきたサラヤ、今回は詰め替えの問題に取り組みました。食器洗剤の詰め替えで起こる問題は業界としては長年無策でしたが、2016年「簡単つけかえパック」と「繰り返し使えるスタンド」によって常識を破るしくみができました。詰め替え時には、封を切って薬剤を移し替える手間、ボトルを洗い乾燥させる手間、詰め替えることで起こる不衛生、こぼれたりして手が汚れる問題、パウチ残液がもったいないという問題があります。そこで、パウチごと交換することで瞬時に衛生的に無駄なく交換できるデザインを考え、また、パウチを透明にすることで薬液残量の視認性を上げ、キッチントップに置かれても美しいデザインができました。

プロデューサー

サラヤ株式会社 コンシューマー事業本部 ブランド事業部

ディレクター

村田智明

デザイナー

村田智明、伊勢誠+サラヤ株式会社 商品開発本部 商品開発部 小林美子

村田智明(むらた・ちあき)京都造形芸術大学教授大学院SDI所長 /ハーズ実験デザイン研究所代表取締役

詳細情報

http://www.yashinomi.jp/

発売
2016年10月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「スマートサプライ」をテーマに、「簡単でかつ清潔」、「肌にやさしい」、「エコに配慮」を考えました。

背景

本体から詰替へと需要シフトが起り2007年には本体と詰替の構成比が逆転。詰替の構成比が本体を上回る状態が続き2016年には本体:詰替の構成比率が4:6となる予測です。<富士経済トイレタリーグッヅマーケティング要覧2015より> 上記を背景として詰替パウチを最も有効利用できる商品のライフサイクルの見直しを図り、詰替後すぐ捨てられるパウチ自体の商品寿命を延ばすことでの消費者ベネフィットを模索しました。

デザイナーの想い

カタチやグラフィックだけのデザインではなく、同時に社会課題を解決するデザインでありたいと願いました。外観に愛着を持たせるデザインにすることで、中身のパックを交換しながら本体を長く使うことを可能にするデザインにするにはどうするべきか。そのために、ドラッグの店頭で目立つことだけを考えられたものが多い業界に一石を投じる「キッチンの景観を損ねない食器洗剤ボトル」に着目しました。

企画・開発の意義

詰替後、すぐ捨てられる「パウチ」の商品としてのライフサイクルや価値の再認識と見直しを行うことにより新しい価値や消費者ベネフィットの創出を行いました。<価値と効果>①高齢者や障害者の方でも簡単に液剤の交換ができること②清潔な液剤の供給により衛生的な価値の提供ができること③液剤交換に費やす時間が半減できること④食器洗剤ジャンルのコンサバ系デザインの意識を変え、インテリア性の高いデザインを解消すること。

創意工夫

食器洗剤を詰め替える手間を省くためポンプ付パウチを採用するにあたり、消費者(ユーザー)の視点より以下の課題に対する創意工夫をしました。<課題>①消費者が使いたくなる②スピーディーな液剤交換③掃除がしやすく衛生的④残液が一目でわかる⑤丈夫で永く使える<創意工夫点>①シンプルで清潔感のあるキッチンにマッチした容器デザイン開発②スパウトのスライド装着とパウチのワンタッチホールドできる構造開発③底部に水切り穴を設置、裏面蓋脱着をシンプルな構想とした④パウチを透明にし残液が認識できるようにした⑤シンプルな構造でポンピング強度に耐えうる設計を実現しました。

仕様

仕 様:ポンプ付パウチ(240ml)+オリジナルスタンド サイズ:W120mm×D55mm×H167mm 重 量:359g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ウエルシア全店、ロフト、東急ハンズ、イオン他
SARAYA公式通販

審査委員の評価

詰め替え用の洗剤液を容器に移すという、もはや当たり前でありながら、誰もが多かれ少なかれ不便を感じていたポイントに着目し、内容液の移し替えではなく、詰め替え用パックそのものを交換するという逆転の発想による解決が評価された。フレームのみから成る本体はシンプルで軽やか、詰め替え用洗剤のパッケージも見せることを意識した清潔感のある佇まいで、機能性と美しさの両方を備えたデザインとなっている。

担当審査委員| 鈴木 元   柳原 照弘   池田 美奈子   小林 幹也   Pradyumna Vyas  

ページトップへ