GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
テント [ランドブリーズシリーズ]
事業主体名
株式会社スノーピーク
分類
スポーツ・アウトドア/レジャー・ホビー・園芸用品
受賞企業
株式会社スノーピーク (新潟県)
受賞番号
16G020100
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

スノーピーク定番のスタンダードモデルのテントシリーズです。各モデル共通し、後室の大型のドアパネルと冷気を防ぐマッドスカート備え、オールシーズン対応の居住性の高いモデルになっています。従来はタープやシェルターを「食事や寛ぎの場としてリビング」、テントを「寝室」と位置付け、キャンプシーンの提案してきましたが、このテントでは更なる価値を提供しています。室内に入るとテントでありながらもタープやシェルターの下にいるような解放感や心地良さが得られるような工夫をしており、中で昼寝をしたり、小型のシェルターのようにゆったり寛げたり、従来の寝室用途に留まらない新たなテントの過ごし方を提案しています。

プロデューサー

株式会社スノーピーク 代表取締役社長 山井 太

ディレクター

株式会社スノーピーク 取締役 執行役員 企画本部長 小杉 敬

デザイナー

株式会社スノーピーク 取締役 執行役員 企画本部長 小杉 敬

詳細情報

https://store.snowpeak.co.jp/page/482

発売
2016年1月15日
価格

59,800 ~ 92,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

快適な居住性を有するオールシーズン対応の新定番のテントシリーズ

背景

ランドブリーズシリーズはスノーピークのスタンダードテントとして長年販売を続け、細かな改良を加えながら進化をしてきました。素材やフレーム強度等、これまでの実績から必要十分なスペックを有する中で、更なるスタンダードクラスとしての魅力とは何かを検討し、再構築をすることから開発が始まりました。

デザイナーの想い

スノーピークのスタンダードモデルは、エントリーモデル比べて、単に耐久性を高めたり、機能を付け加えていくだけのものではありません。自分自身がユーザーであるという立場で、本当に必要なものは何かを精査し、検証を重ねて作り上げています。実際にお使いいただくと、キャンパーだからこそ分かる細かな気配りまで感じていただけると思います。実際のフィールドで体感いただければ幸いです。

企画・開発の意義

このオールシーズン対応のテントシリーズの提案は、あらゆる天候においても快適性を損なわず、移ろいゆく四季をより直接的に感じることができます。本製品がキャンプを通して、より人と自然の距離を近づけてくれると期待しています。

創意工夫

快適な居住性を実現するために、前室と後室の出入り口にメッシュパネル、後部の上右方にベンチレーションを設けました。これによりテント内の熱を効率的に排出させ、室内の温度管理性能を向上させました。春先や秋口の冷え込みには、テント全周に装備したマッドスカートが、地面とフライシートの隙間からの冷気を防ぎます。また、各モデルに対し最適なフレーム構造を採用し、耐風性を高め安全性を確保しています。それぞれに異なるフレーム構造ながら、シリーズとしてのデザインを意識し、整合性を図っています。

仕様

○ 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、マッドスカート/210Dポリエステルオックス・PUコーティング、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ11mm・φ9mm)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社スノーピーク Headquarters他 全国スノーピーク店舗とスノーピークオンラインサイト
ランドブリーズ /オンラインストア

審査委員の評価

長く好評を博した製品を改良することは、ゼロから新製品を開発するよりも難しい。また、自社内の競合を避け、プロシリーズ、スタンダードシリーズ、エントリーシリーズと、シリーズ毎の差異を設けることも、また難しい。本製品はこの二つの課題に対する見事な解を示している。名称のランドブリーズにあるように、冷気や湿気を伴う空気を排除し、爽やかな空気の流れだけをどうやって室内に取り込むか。この相反するテーマを解決した、スノーピーク社のデザイン力に拍手を送りたい。

担当審査委員| 濱田 芳治   佐々木 千穂   手槌 りか   松山 剛己  

ページトップへ