GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [プラウド美しが丘]
事業主体名
野村不動産株式会社、中日本高速道路株式会社
分類
住宅・住空間
受賞企業
野村不動産株式会社 (東京都)
中日本高速道路株式会社 (愛知県)
受賞番号
15G090905
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

中日本高速道路㈱が行なう社宅跡地マンション分譲事業における共同事業者選定プロポーザルにおいて、設計・事業内容に優れた野村不動産の提案が採択され野村不動産を建物売主として事業化に至った。 経済合理性から、通常は西向き住戸が多くなりがちな、南北に長い敷地形状。敢えて中央に中庭を抱くコの字型配棟とし、96%の住戸を南向きとするなど、住まいとしての快適性を実現。中層集合住宅が並ぶ環境の中で互いのプライバシーを守りつつ、圧迫感を感じさせない環境配慮型デザイン。駐車場の地下化によって生まれた中庭の開放空間を、隣接する共同住宅と共有する平面計画。それらの工夫と新しさが評価された。

プロデューサー

野村不動産株式会社 住宅事業本部神奈川事業部 部長 梶 貴之

ディレクター

野村不動産株式会社 建設企画室長 守島 洋/住宅建築二部 課長 鳥井 浩司

デザイナー

株式会社プランテック総合計画事務所 吉田 和弘、萩原 浩

利用開始
2015年3月19日
価格

59,880,000 ~ 119,880,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-11-3

仕様

敷地面積:3,328,69㎡、建築面積1,768,42㎡、延床面積:7,913,01㎡ 構造:鉄筋コンクリート6階建(建築基準法上は地上5階地下1階)、戸数:69戸(他に管理事務室1戸)

受賞対象の詳細

背景

快適な住環境、コミュニティの形成、自然と周辺環境との共生、防災拠点。既に使い古された感のあるそれらの枠組みを超え、都会に生きる現代人に相応しい、新しい共同住宅の在り方を考えた。通勤、仕事、対人関係の疲れ。住宅はそうした日々の疲れを癒す場でありたい。共同住宅ならではの問題。それは居住者間、そして近隣との近すぎる関係。物理的な制約を超え、程よい距離感を作り出す。守り、守られる箱。求められるのはこれだ。

デザインコンセプト

ストレスフル社会に生きる現代人。人は住宅に癒しを求め、それに応える住宅は少ない。本計画の最終目的地。

企画・開発の意義

住宅は癒しの為の装置でありたい。物理的に隣との距離が近い日本の住宅。他人の音。視線。かつてそれは共同体を生む土壌であった。しかし核家族化が進んだ現代においてそれはストレスでしかない。見られる不安、見えてしまう罪悪感。共同住宅の可能性を拓く新しい提案。それはストレスからの解放。限られた空間の中で眼前に広がる緑と空。心地よく抜ける風。共同住宅でありながら自分だけの空間を愉しむ。そんな家を作りたかった。

創意工夫

横浜市青葉区。日々の激務に追われる会社員が多く住むエリア。計画地周辺では社宅跡地の建替が進み、道路境界から10mに満たない距離に中層集合住宅が建ち並ぶ。満員電車。蓄積した疲労。わずかの時間でもそこから解放されたい。迎えるのは光のゲート。別世界へのいざない。エントランスの奥に広がる中庭。その上に柔らかく浮かび上がる樹々の緑。水平に展開するルーバーで構成された開放廊下。そこからは他人の家を覗き見ることはない。覗かれる心配もない。しかし、そこから差し込む光は十分に室内を照らす。夜は障子を思わせる柔らかな膜となって幻想的な表情を見せる。美を感じて和らぐ心。誰しもが許された訳ではない贅沢。それは静寂。地下化された駐車場から車の排気音が聞こえる事はない。聞かせる不安もない。この住まいは全てに応える。心地よい距離感。更に隣人にも与える空と光と静かな時間。新しい集合住宅へと道を拓く序章。

デザイナーの想い

緑豊かで落ち着いた環境に対して溶込む、丘の上に建つ邸宅の在り方を考えたデザインとした。建物はボックス状に細分化して小さく見せ、圧迫感を感じさせない。共用廊下ルーバーのランダムな開放性は有機的な表現となり、周囲の緑環境に溶込む。ラウンジは割肌石の存在感が空間に落着きを与えると共に、セミパブリックな雰囲気を醸成。そこから臨む建物中央の中庭は見せる空間として丘のイメージを継承し、過度な作り込みを避けた。

審査委員の評価

本対象はプライバシーを維持しながら光を取り込む様々なスクリーンが秀逸な集合住宅である。そのスクリーンが光をまとうことで、かつての集合住宅にはなかった優美な外観を実現させている。

担当審査委員| 古谷 誠章   中村 拓志   松村 秀一  

ページトップへ