GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2015

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ドラム式洗濯乾燥機 [TW-117X3]
事業主体名
東芝ライフスタイル株式会社
分類
生活家電
受賞企業
東芝ライフスタイル株式会社 (東京都)
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
15G030272
受賞概要
2015年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

60cm幅のスリムなボディ幅ながら、業界最大の11kgまで洗える大容量ドラム式洗濯乾燥機。 独自の防汚処理洗濯槽、温水抗菌、振動低減機構の搭載で、より清潔で静かに洗える基本性能と業界トップクラスの洗濯スピード、省エネを実現。また、ITアダプタの追加で故障予知診断、家事ナビ、HEMSに対応する。東芝家電商品群の共通コンセプトである「人を想う」「簡潔な美」をテーマに、建具や家具との親和性ある明快な面構成とカラースキームを基調としたデザインを採用。操作に応じ必要な表示だけが浮き出る静電タッチパネルにより、家具のような佇まいの中にさりげなく先進性を表現するとともに、使い易さと多機能の両立を追求した。

プロデューサー

東芝ライフスタイル株式会社 HA第二事業部 事業部長 脇岡 浩

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター デザイン第二部 家庭電器システム担当 グループ長 佐川 崇

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター デザイン第二部 家庭電器システム担当 竹萬 直子、荒井 誠

詳細情報

http://www.toshiba.co.jp/living/laundries/index_j.htm

発売予定
2015年12月
販売地域

日本国内向け

仕様

幅645(ホース含む)×奥行750×高さ1060(mm)・89kg

受賞対象の詳細

背景

共働き世帯の更なる拡大、ケミカルショックや花粉症などのアレルギー不安、清潔意識の向上などを背景に自然素材の衣類を選び自宅で洗うユーザーが増加している。また、花粉や黄砂、PM2.5など外部環境の悪化やセキュリティ意識の向上で、室内干しユーザーが急激に増加している。夜間・早朝への洗濯時間のシフトからくる「静音・低振動」と併せ、「コンパクト大容量」と「清潔機能」に優れたランドリー商品が求められている。

デザインコンセプト

「操作と出し入れ」の要素以外をそぎ落とした、設置空間やインテリアと調和する明快なデザインの実現。

企画・開発の意義

容量拡大は洗濯回数が減るだけではなく、そのための制振、静音技術の向上が家族のコミュニケーションを妨げず、近隣階下への迷惑がかからなくなることで、洗濯を時間的制約から解放する。また、洗浄力の向上は、温水抗菌や防汚処理洗濯槽などが汚れだけでなく見えない菌やその繁殖もおさえ、再付着の原因を取り除くなど、「部屋干し」が快適にできるのはもちろん、清潔な洗浄という価値が能力低下なく提供され続ける責任を届ける。

創意工夫

インテリアの雑音とならず多機能を分かりやすく使用できるよう、洗濯コースや操作シーケンスを見直し、必要な時に必要な表示とキーが浮き出る静電タッチ式コントロールパネルをさらに進化させた。また、直接触れる操作部にガラス材を採用することで、視認性と触れた時の使用感を高めるとともに、拭き取りやすく傷がつきにくい簡単なお手入れで清潔な上質さが長く保てる工夫を行った。全体構成は平面を基調とし、視認性を阻害せずインテリアにマッチする佇まいとした。

デザイナーの想い

さりげなく先進性をまとった家具のような佇まいのランドリーを届けたいという想いから、デザイナー自らが数十か所に及ぶ物件のインテリアトレンド調査分析を実施。ダークブラウン色を追加した新しいカラースキーム、概して狭く暗い日本のサニタリーでの使用と動線を考慮した扉サイズや位置と開口径の最大化等関係寸法の見直し、洗濯物の取り忘れを防ぐ槽内LED照明の設定等、使いやすさと調和のデザインを追求した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

最寄りの家電量販店又は最寄りの東芝ストアーでご購入可能。
洗濯機・衣類乾燥機:家電製品 Toshiba Living Doors

審査委員の評価

使用時以外には存在を意識する事がない、浮き出るタッチ式のコントロールパネルが印象的であり、全体に一貫して、テーマとした簡潔で明快な美が表現されていると感じる。実用的機能、インテリアとの関係性などもよく考慮されている。

担当審査委員| 鈴木 元   川島 蓉子   倉本 仁   佐藤 弘喜   Ulrich Schraudolph  

ページトップへ