GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
光電センサ [マイクロレーザ測距センサ HG-C シリーズ]
事業主体名
パナソニック デバイスSUNX株式会社
分類
開発・生産・製造用の機器・設備
受賞企業
パナソニック デバイスSUNX株式会社 (愛知県)
受賞番号
14G070559
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

HG-Cは、レーザ光源とCMOSイメージセンサを用いた距離を測定する光学式変位センサです。 変位センサの普及は、工場自動化における生産品質向上に直結しますが、技術面(設定ノウハウ)と価格面(導入コスト)の両ハードルが高く、幅広く普及できていません。 今回、この両ハードルをクリアし、さらにセンサ本体の小型化(弊社従来比:70%ダウン ※体積比)を追求することで、“誰もが、手軽に、距離を測る”ことを提供できるようにしました。

プロデューサー

パナソニック デバイスSUNX株式会社 センシングコントロール事業部 小泉秀久

ディレクター

パナソニック デバイスSUNX株式会社 応用計測機器事業部 和氣徹

デザイナー

パナソニック デバイスSUNX株式会社 応用計測機器事業部 藤田雅博

詳細情報

http://www3.panasonic.biz/ac/j/fasys/measurement/measurement/hg-c/index.jsp

発売
2014年4月2日
価格

29,800円 (日本国内の標準価格<税別>)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

背景

製品の品質向上のため検査を工場設備内で行う“インライン計測” の需要が高まり、工場設備内に変位センサの導入が進んでいます。しかし、変位センサの使用には専門知識や設定ノウハウが必要で、日本を中心とした先進国での採用が主でした。そんな中、成長市場である中国でも同様の顧客要求があることに着眼し、計測の知識やノウハウのない方でも、“手軽に”かつ“安価で”距離を測れる変位センサを目指して開発に着手しました。

経緯とその成果

装置に組み込んで使用可能な業界最小レベルの大きさと3つのボタンのみで設定を可能にする操作性。

デザイナーの想い

この商品をきっかけに、多くの装置・設備設計者が変位センサに触れ、採用頂くことで生産品の品質向上に貢献していきたいと思います。

企画・開発の意義

従来の変位センサのイメージである”限られた技術者しか扱えない商品”を払拭し、“誰でも”・“手軽に”扱える商品への転換機種となることを目指しました。 手軽に距離を測定することができるため、製品の品質チェック工程を増やすことが可能となり、製品の品質が安定します。 また、生産品目ごとの検査結果を取得することで、不良解析やトレーサビリティー管理も可能になります。

創意工夫

三角測距方式の変位センサは、その原理からセンササイズと検出精度は、反比例します。すなわち、測定精度を向上させるためにはセンサヘッドを大きくする必要があります。 HG-Cではこの原則を打破するため、受光部(受光レンズとCMOS間)に鏡を配置し、光を折り返すことでセンサ全体のダウンサイジングを実現すると共に、受光レンズとCMOS間の光路長を確保することに成功しました。 また、筐体をアルミダイカストとすることで構造的な安定性を確保した結果、 「製品の小型化」と「ミクロンオーダの距離測定」の両立を実現することが可能となりました。

仕様

寸法:W20×H44×D25mm、 重量:約35g(ケーブル含まず)、 測定距離:30±5mm、50±15mm、100±35mm の3タイプ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パナソニック デバイスSUNX株式会社 ホームページ>>商品情報

審査委員の評価

レーザー光源とCMOSセンサーを用いた光学式変位センサの構造に、ミラーを組み込むことで、70パーセントの超小型化と、安価、測定時間の短縮を同時に実現した革新的な商品である。小型で安価であることから、これまで光電センサが付けられなかったような、様々な箇所、または大量利用といった取り付けが可能となり、工場の自動化、生産品質のアップに貢献し、さらには、特殊な計測技術に頼ることのない国外での生産ラインの開発にも貢献することが期待できる。

担当審査委員| 安次富 隆   内田 まほろ   重野 貴   田川 欣哉  

ページトップへ