GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
全自動洗濯機 [日立 全自動洗濯機 SF-160XTV/ SF-150XTV/ SF-140XTV/ SF-130XTV]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040297
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

仕向け地特有のニーズへの対応と本体の手入れのしやすさを両立したアジア向け洗濯機。洗濯中に洗濯槽内を目視し、衣類に対する水量や水流を確認したいというニーズに対応するため、動作中でも水を追加したり水流の強弱を調節したりできる機能や、洗濯槽内が透けて見えるガラスの一枚ふたを採用した。ふたは、ガラスの一枚構造とボタンによるプッシュオープン機構を採用することで、従来型の取手を排し極力凹凸のないすっきりした天面造形を実現し、清掃性も高めた。また、操作パネルの上半分にふたをラップさせて閉じる構造にすることで、設定時・動作時・未使用時という洗濯の各フェーズにおけるインターフェースをそれぞれ最適化した。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 常務取締役 グローバル家電事業戦略室長 金子友通

ディレクター

株式会社 日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 助口聡

デザイナー

株式会社 日立製作所 デザイン本部 デザイナー 野末壮

発売予定
2014年10月
販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

仕向け地(アジア)特有の洗濯機に対するニーズへの対応と、本体メンテナンスの容易さを両立した洗濯機。

背景

多くのメーカーが参入しているアジア市場において、洗濯機の基本的なスペックは各社均衡し、外観品質と機能の差別化が生活者の商品選びや意思決定の大きなファクターのひとつとなっている。また、ユーザー調査を行った結果、洗い上がりを左右する水流と水量の調節に対するニーズが多く、洗濯中にも衣類に対する水量や水流を確認しながら調節を行いたいと感じているユーザーが多くいることが分かった。

デザイナーの想い

電子レンジや冷蔵庫の温度と異なり、洗濯機は「洗い上りの衣類のキレイさや気持ちよさ」といった、結果を数値で表しづらい製品であり、それこそが開発の一番難しいところだと考えています。さまざまな衣類を洗い上げる基本機能を満たし、衣類がキレイになる事実を保証した上で、何を提供すればより気持ちのよい使い心地や充実感を感じていただけるかを特に大切に考え、開発に臨みました。

企画・開発の意義

販売地域であるアジアのユーザーが、これまで洗濯機の使い勝手や清掃性に対して抱いていた不満を解消し、洗濯という行為に対して、より大きな充実感を得られる使い心地を提供すること。また、ガラスの一枚ふたを採用することで、清掃性の向上と操作のしやすさを同時に解決しようとした。また、洗濯容量や洗濯性能といった基本性能とは別に、ユーザーが感覚的にも満足できるような機能や新しい操作方法の実現を目指した。

創意工夫

洗濯機の状態を設定時・動作時・未使用時の各フェーズに分け、それぞれの状態に対して何が必要で、何が不必要であるかを洗い出し整理した。その結果、未使用時には凹凸のない手入れのしやすい状態であること、設定時は洗濯機の持つ機能を一覧でき最適な方法を簡単に選択・設定できること、動作時は動作中に使用できるボタンと必要な情報のみが表示されていることが重要であることが確認できた。それらすべてを満足させるためにふたの素材にガラスを採用し、ふたを閉めた際の本体の凹凸を極力なくし、詳細の設定ボタンを隠す機能を付与した。また、ガラスの採用は洗濯中に洗濯槽内を確認したいという仕向け地特有のニーズへの対応でもあり、動作中でも水を追加できる「Water Plus」、水流の強弱を調整できる「Water Flow」機能なども同時に採用し、基本性能に加えて感覚的な面からも大きな充実感を得られるよう工夫した。

仕様

640W x 655D x 1128H (mm)/50kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アジア・中東諸国(タイ・ベトナム・マレーシア 等)の家電量販店
Hitachi Sales (Thailand), Ltd Webサイト

審査委員の評価

凸凹のないスッキリとした印象が清潔感を表現している。アジア諸国で使う為に必要な要素について、丁寧に考えられていると思う。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ