GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
冷凍冷蔵庫 [WXシリーズ]
事業主体名
三菱電機株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
三菱電機株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040283
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品は、住空間と調和するすっきりとしたデザイン、高い省エネ性能、整理しやすい庫内が特長の大容量冷蔵庫である。当社独自の薄型断熱構造「スマートキューブ」により、同等の設置スペースの冷蔵庫より30L以上の大容量化と高い省エネ性能を実現している。外観は、フラットなガラスドアが見せる高級感と、使いやすさに配慮した柔らかなハンドルの造形を融合させ、インテリアに調和した美しさ・豊かさを表現した。庫内の2つの大型チルドケースにより、生鮮食品や食べかけの食品など、これまで1つの庫内でまとめて保管されていた食品も保存目的に応じて2つに細かく分類できるため、食品の整理が楽になり庫内が使いやすくなる

プロデューサー

三菱電機(株) 静岡製作所 吉野 泰弘

ディレクター

三菱電機(株) デザイン研究所 中原 義仁

デザイナー

(株)アイ・キューブ 小田 哲也、江口 海里/ 三菱電機(株)デザイン研究所 新井 悟史、河村 玲永子

詳細情報

http://www.mitsubishielectric.co.jp/

発売
2014年6月27日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

見ても使っても気分が上向く、 「キッチン空間と調和する外観」と「自然と整理・保存できる」冷蔵庫

背景

キッチンは、これまでの家事をする場に加え、人を招く場、集う場、くつろぐ場としても使われるようになり、家族や友人に対し「見せたくなる空間」として求められるようになった。その中で特に冷蔵庫は、キッチン空間に大きな影響を与える存在であり、高いインテリア性が求められている。くわえて、共働きの増加に伴う時短化への配慮や、多様な食材を長く楽しむための保存方法への配慮なども必要になっている。

デザイナーの想い

冷蔵庫が近年の開かれたキッチンに置かれるとき、ただの入れ物ではなく、お気に入りのインテリアの一部であり、意のままに扱えるツールであるべきだと思った。つまり、ガラス扉の冷蔵庫はキッチンに溶け込み、暮らしを映し出すものであってほしい。そしてひとたび使えばユーザーの手足のように使いやすい。そういった親和性に富んだ冷蔵庫を目指してデザインした。

企画・開発の意義

「キッチン空間と調和する外観」により、家族や友人に見せたくなるような上質なキッチン空間を提供する。また、食品や調味料が増えることによって起こりがちな、庫内の迷子食品や食べ忘れ食品がなくなり無理なく「自然と整理・保存できる」ようにすることで、気分も自然に上向く快適さを提供する。

創意工夫

薄型断熱構造により、同等の設置スペースの冷蔵庫より30L以上の大容量化と高い省エネ性能を実現した。外観は、扉表面にガラスを採用し、高級感とともに、透明感や清潔感、室内が写りこむことによる空間調和に配慮した。引出しハンドルは、柔らかな形状にし、豊かさを感じさせる美しさと使い勝手の両立を狙った。庫内は、冷蔵室の下側に上下2つの大容量スライドケースを採用し、食材をより細かく分類・保存できるようにした。下のケースは、肉魚の生鮮食品用に水気の切れる波形状を底につけ、凍らせない-3℃技術で生の美味しさのまま長期保存できるようにした。上のケースは、乳製品や加工肉などに加え、冷蔵室に点在しがちだった使いかけ食品や自家製惣菜などもまとめてチルド温度で保存できるようにした。この2つのケースにより、メインの冷蔵室内の空間にゆとりを持たせ、棚の見やすさや取り出しやすさを高め、「自然と整理・保存できる」ようにした。

仕様

幅685〜800 奥行き738 高さ1821 重量126〜139kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

販売代理店および家電量販店等

審査委員の評価

フラットなガラスの質感に清潔感を感じる。さり気ないパターンが施されて、他社とは異なる落着いた雰囲気があり、日本の住宅のインテリアにあいそうだと思う。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ