GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
冷凍冷蔵庫 [Panasonic NR-JD5100 シリーズ]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
14G040281
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・両開きタイプのシンプルな4枚ガラスドア冷蔵庫。ガラス素材の美しい平滑面にドア側面の上質な金属の輝きを組み合すことで洗練された空間を演出。・ガラス端面が露出するフレームレスのドア構造を開発。前面の凹凸をなくし、端正な表情と掃除のしやすさを実現。・魚、肉などの鮮度を保つ大容量プレミアムパーシャルルーム。LEDの輝きで美しさおいしさを演出。・日常、野菜をよく使われるユーザーに合わせて野菜室を冷蔵庫中央の高く使いやすい位置に配置。さらに100%引き出せるレール構造採用により、たっぷり入って、サッと取り出せる使いやすさを実現。・光収納量検知を搭載。最適な制御で、省エネ性を追求。

プロデューサー

パナソニック株式会社 アプライアンス社 冷蔵庫事業部 本間哲朗

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 津田幸裕

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー 中村実、松田むみ

詳細情報

http://panasonic.jp/reizo/

発売予定
2015年2月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

キッチン

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

シンメトリーのドア分割で誰にでも使いやすいシンプルな大容量のグルメ冷蔵庫

背景

「高齢化社会」の進む中、商品の多機能化・高機能化が進みお客様が十分に使いきれていないという現実がある。そこでシニアの生活から出てきた声を徹底的に拾い集め、「新鮮で体にいいものを毎日おいしく食べたい」という本質価値を追求しつつ、誰にでもわかりやすくシンプルで使いやすいデザインを目指し開発を行なった。

デザイナーの想い

シニアの生活から出てきた声を徹底的に拾い集め、従来のドア枚数が多い=高級という図式にとらわれず、お客さんが求めている本質をシンプルにとらえたシンメトリーのドア分割冷蔵庫で新レイアウトを提案したいと考えている。「新鮮で体にいいものを毎日おいしく食べたい」ということに対しても庫内デザインを徹底的に見直した。

企画・開発の意義

食に特にこだわりをお持ちのシニア層の方へ、よく使う野菜室を2段目の高く使いやすい位置に配置しドアを少し開けただけでも野菜が取り出せる新レイアウト。さらに魚、肉などを―3℃の微凍結することで鮮度を保つパーシャル室の容量を倍増、2段収納にすることで大事な食材を直接重ねることなく収納量を増やしている。また冷蔵庫を「家具」であるという考え方に立ってクリーンとインテリアフィットを両立させることを目指した。

創意工夫

外観の工法や構造までデザインし、徹底して凹凸をなくしたお手入れしやすいフルフラットドアを追求、さらに上質な輝きを放つ「クロームエッジ」をあしらうことでインテリア性を高めた。庫内ではショウケースのように食材を美しくおいしく見せることを目的にLEDの輝きを効果的に反射させる構造を工夫した。

仕様

・外形寸法(幅×奥行×高さ)685×733×1828mm・重量106kg・高級感のある上質なキッチンを演出「フルフラットガラスドア」・野菜の出し入れがしやすい真ん中野菜室・肉や魚の鮮度が長持ち大容量ビックパーシャルルーム・収納量の変化まで見分けて、自動で節電「エコナビ」搭載。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

国内家電量販店、パナショップ
Panasonic: パナソニック商品情報

ページトップへ