GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
冷蔵庫 [日立冷蔵庫 R-G6200E R-G5700E R-G5200E R-G4800E]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
生活家電、音響機器、照明器具
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
14G040280
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

食品鮮度を保つ独自技術を核に、長期間心地よく使えることを目標に開発した大型主力冷蔵庫。日々の生活の道具として、機能性を充実させつつインテリアに調和するデザインを目指した。従来機種をさらに洗練させるために使い勝手を向上させたハンドル形状やガラス枠の細枠化により、よりスッキリとしたデザインを実現。扉には傷がつきにくく、汚れがふき取りやすい強化ガラスを採用。造形要素を極力減らすことで、ガラス面を活かした平滑性の高い外観を実現した。ガラス面には高品質な加飾を施し、インテリアとの整合性を向上させつつ顧客の選択肢を拡大した。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 事業部長 松田 美智也

ディレクター

株式会社 日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 海老原徹

デザイナー

株式会社 日立製作所 デザイン本部 田幸春菜,中島一州,木村茂孝,白井晃平

発売予定
2014年9月
販売地域

日本国内向け

設置場所

家屋

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日々の道具としての使いやすさとインテリアに整合する佇まいを両立させた主力冷蔵庫

背景

食生活の多様化と薬など従来は収納していなかったものの増加で、冷蔵庫は大容量化が進んでおり筐体も大型化している。一方、住空間ではLDKの増加に伴い、開放型キッチンの高質化が進んでいる。また、食品鮮度をより高く保ち、食材を美味しく保存するための技術開発も求められている。こうした背景から、大型主力冷蔵庫としての高い機能性と使い勝手を有し、さらに高質化するインテリアと整合する品質感の高い製品を開発した。

デザイナーの想い

冷蔵庫に求められる基本性能や使いやすさといったモノづくりの基本をしっかりと守った上で、上質な家具のように、ユーザーが日々使用する中で、愛着と満足を感じていただけるようなデザインをめざしました。

企画・開発の意義

2007年から業界に先駆け、製品展開してきたガラス扉冷蔵庫の主力機種として、品質感と使いやすさが求められた。ガラスドアにより、清掃性の良さと傷つきにくさを実現。筐体の大型化と高質化するインテリアとの整合性向上に応えるため質感表現も向上させた。またハンドルのデザインを工夫することで、使い勝手と清掃性を高めつつ簡潔な外観を実現させた。さらに、真空チルドなどの独自技術を深化させ、基本性能の向上を図った。

創意工夫

長期間使用される道具として安全性を考慮し、ガラス脱落防止構造や端面保護を前提にデザインした。最小の被せリブ設計や手掛け部の端部を保護枠と兼ねる工夫をして、ガラス面の凹凸感を極力無くす構造を考えた。 正面のハンドル部は操作性に配慮して横幅全体で使えるようにし、視覚的にも水平に通る共通形状に揃えることで単純化、ガラスの平滑性を活かしたスッキリした外観を実現した。 また手掛け部の寸法は指掛かりの角度や深さを幾つもの模型で検証して楽に使える最小寸法を設定、さらにハンドル底面まで汚れが綺麗に拭取れる形状で長く愛用いただけるよう配慮した。 ガラス面は裏面印刷によりインテリアと整合する高品質な仕上げとし、コンパネもLED透過性と静電SWの活用で操作時以外は消えるノイズレスな表現にした。 壁際設置時は余計な隙間を空けず扉を開閉できる端部形状を設計し、左右サイドピース構成の独自性の高い意匠にまとめた。

仕様

R-G6200E: 1818H x 750W x 738D (mm) 128kg /R-G5700E: 1818H x 685W x 728D (mm) 119kg /R-G5200E: 1818H x 685W x 693D (mm) 113kg /R-G4800E: 1818H x 685W x 638D (mm) 107kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、日立チェーンストール等
日立の家電品サイト

審査委員の評価

昨年度受賞した冷蔵庫から、ハンドル部分をさらに端方向まで全面的に伸ばすことによって「面」としてシンプルな形状になるように改良を加えられたものである。この結果、全体としてまとまりのあるデザインとなっており、正統的な進化を遂げたデザインといえよう。

担当審査委員| 柴田 文江   澄川 伸一   長町 志穂   松田 朋春  

ページトップへ