GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
電子香炉 [電子香炉 kioka]
事業主体名
株式会社 山田松香木店
分類
生活・家庭用品、キッチン用品
受賞企業
株式会社山田松香木店 (京都府)
受賞番号
14G030221
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

香木や煉香など、日本の香りを手軽に楽しんでいただける充電式の電子香炉です。初めて日本の香りを楽しまれる方から、本格的に聞香(もんこう)をされる方まで満足いただけるよう、温度設定や持ち心地、フォルムなど、香木専門店ならではのこだわりを盛り込みました。電源は充電式内蔵バッテリーと、ACアダプターのどちらでも使えます。電子制御による温度設定と、手動操作による微調整が可能で、香材ごとの最適な温度を簡単に設定できます。15分(ACアダプター使用時は30分)で自動的に電源が切れる安心設計です。専用の雲母板やピンセット、香材を収納できる小物ケースが香炉本体と一体となっており、便利にお使いいただけます。

デザイナー

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科山本建太郎教授および山本研究室

詳細情報

http://yamadamatsu.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1649248&csid=1

発売
2013年11月1日
価格

16,200円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

携帯性の高いコンパクトなサイズ。シンプル&機能性の実現。 香りを邪魔しないデザイン。

背景

貴重な香木の香りを楽しむのに一番適した方法は聞香です。聞香には香炉、炭、灰、道具など様々な物が必要であり、また微妙な火加減を設定するには経験に培われた技術も必要です。それゆえに、聞香は敷居が高く思われがちだったのですが、もっとたくさんの方に手軽に香木や煉香などの和の香りを楽しんでいただきたいという想いで電子香炉の企画・開発を行いました。

デザイナーの想い

日本の格調高い香り文化を踏まえながら、新しい香りの使い方を提案したいと考えました。また日本の香り文化を次の世代や、世界に向けて発信する役割を担える製品にしたいという想いを込めてデザインしました。

企画・開発の意義

現代のライフスタイルや、現代的な住居のデザインに合った香りの楽しみ方を提供することにより、ユーザーの生活が豊かなものになること、また香木をはじめとする和の香りの更なる普及を目指しました。また香木の香りには鎮静効果があるとされ、ストレスの多い社会に対して香りによる癒しを提供したいと考えます。

創意工夫

香道において古くから使われてきた聞香炉と同じようなサイズを実現するために、内部構造を可能な限りコンパクトに設計しました。持ち心地や、使い方も香道の所作を意識し、電源には充電式バッテリーを採用、なめらかな三次曲線を描いた本体底面、本体上部を回すことで温度設定ができるように、などこだわりを盛り込みました。

仕様

本体サイズ:直径 約7cm 高さ 約9.5cm(フタ、小物入れ含む)。本体重量:約220g。炭も灰も不要で、手軽に香りを楽しめる電子式香炉。内蔵バッテリー及び充電用ACアダプターからの電力供給により、本体上面中央のヒーターを加熱し、その上に専用の雲母板と各種香材を乗せて香りを楽しむ。パーツは、フタ、本体、小物入れに分かれる。緩やかなカーブを描いた本体底面と、小物入れは磁石により固定される。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

山田松香木店 京都本店
山田松香木店 オンラインショップ

審査委員の評価

従来のアロマオイルなどとは異なる方法で、手軽で安全に香りを楽しむことができる製品となっている。使い方、外観、サイズなどの要素に違和感がなく、伝統的な香りの文化を、現代の日常生活に無理なく導入することが期待できる。伝統的な文化を現代に再提案しようとする製品は他にも見られるが、実際の生活を考えると厳しい場合が多い中で、有効性が感じられる。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   佐藤 弘喜   須藤 玲子  

ページトップへ