GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2014

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ペット用キャリー [キャンピングキャリー折りたたみ]
事業主体名
株式会社リッチェル
分類
身の回り・ライフスタイル用品
受賞企業
株式会社リッチェル (富山県)
受賞番号
14G020124
受賞概要
2014年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

これは折りたたみできるペット用キャリーです。2ヵ所のレバー操作で折りたたみと組立てが可能です。折りたたんだサイズは高さ11cmと薄く、隙間に収納できます。また、室内ハウスとしての使用にも対応しています。そのため扉は取り外し可能で、取り外した扉は製品背面に収納できます。キャリーとしても、ショルダーベルトの取付け、車載でのシートベルト取付けにも対応しております。

プロデューサー

株式会社リッチェル 商品開発本部 デザイン室 室長 高松桂子

ディレクター

株式会社リッチェル 商品開発本部 デザイン室 三輪久夫

デザイナー

株式会社リッチェル 商品開発本部 デザイン室 三輪久夫、小林輝十樹

詳細情報

http://pet.richell.co.jp/view.html?gid=58661

発売
2013年8月
価格

6,500 ~ 13,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

普段から室内ハウスとしても使え、収納時もコンパクトになるキャリー

背景

多くのペット用キャリーは、普段は使わず、レジャー先や病院へのお出かけでの際に組み立てるといった使われ方をしています。ペット用品の中では以外に使わない時間が長い商品なのです。そのため、ペットにとって普段から慣れていない入れ物に警戒し、久しぶりのお出かけにキャリーに入る事を嫌がります。また、そのサイズから、しまう際に多くの収納スペースを必要とします。

デザイナーの想い

ハウスとして四角い室内に家具のように収まる四角いフォルムとしました。畳んだ後も収納し易いように、引掛りが無いフラットな板状の形状を目指しました。 折りたたみ機構による重量UPを必要最小限にするために、全ての構成部品について、3D強度解析、3Dモデルでの使用感確認を繰り返し、畳んだ高さの最小化とプラスチックの特性を生かした軽量化を実現した意匠設計となっています。

企画・開発の意義

ペットをキャリーに馴染ませるために、普段より室内ハウスとしての使用を提案します。ハウスとしての使用に考慮し、扉の取り外しを可能としました。また、収納時の配慮として、簡単な折りたたみ機構を実現し部品の取り外しや分解する面倒を排し、折りたたみと組立てが短時間で簡易にできるようにしました。折りたたんだキャリーは厚さ11cm程の板のような形になり、チョットした隙間に収納できるようにしました。

創意工夫

ハウスとしての使用に考慮し、扉の取り外しを可能としました。外した扉の行方が分からなくならないように、世界初の試みとして、外した扉をキャリー背面に収納できるようにしました。折りたたみ機構は前後2箇所のロックを解除すれば、上下に壁が折れて高さ方向に約1/4〜1/3程の高さになります。たたんだ状態で左右のスライドレバー2箇所を固定すると、畳まれた厚みを維持し、薄い状態での姿勢が維持され、持ち運び、収納を容易にします。折りたたみの一連の動作がスムーズにできるように、背面部材の一時ロック等の新機構を採用しています。キャリーとしても、ショルダーベルトの取付け、車載でのシートベルト取付けにも対応しております。

仕様

■Sサイズ:30×48.5×31H(cm) 重量2.2kg ■Mサイズ:34×55×11H(cm) 重量3.1kg ■Lサイズ:44×67×50H(cm) 重量5.7kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ペット専門店、ネットショッピング、自社ウエブサイト
リッチェルウエブショップ

審査委員の評価

ペット用キャリーは、ペットの飼い主にとっては、使用頻度が少なくても必要不可欠なアイテムである。折りたたみ式でコンパクトにまとまり、便利なプロダクトとなっている。構造や造形も無駄なくすっきりとしており、好感がもてる。

担当審査委員| 渡辺 弘明   川島 蓉子   工藤 青石   寺田 尚樹  

ページトップへ