GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ニッパー爪切り [ニッパー爪切り(鋭利刃) G-1025 ・ ニッパー爪切り GSA-06]
事業主体名
株式会社グリーンベル
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社グリーンベル (大阪府)
受賞番号
12GA10046
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

オールステンレス製のニッパー式爪切りです。左右のハンドルは、指と掌底のカーブに合ったボリュームを持ち、開閉操作時の指の動きに応じた形状のため滑りにくく、掌中に吸い付きます。熟練した職人の手作業で仕上げられ刃先は、抜群の切れ味です。スプリングは破損しやすい従来の「線細工ばね」をやめ、耐久性を追及した弊社独自の「ねじりコイルばね」を採用。これは20万回の開閉耐久試験をクリアしています。エラストマー製キャップを装着して携帯・収納時の安全性を高めました。

プロデューサー

株式会社グリーンベル 取締役会長 石田 潔

ディレクター

株式会社グリーンベル 取締役工場長 高井宏通/大阪店店長 岡田康裕

デザイナー

株式会社グリーンベル 企画管理課 原 稔、井口美穂、奥西敦子

詳細情報

http://www.greenbell.net/

発売
2010年1月
価格

2,625円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

どなたにも愛着を持って長く使っていただける「道具」である事にこだわり、破損事故の多い従来の「線細工ばね」を構造から考え直したことで、耐久性が格段に増した弊社独自の「ねじりコイルばね」を採用できたこと。「良いものを長く使うのはエコである」と考えました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

足の変形した硬い爪など切る時、女性など手の小さな方でも、使いやすいようにハンドルの大きさと形を厳選しました。掌中に吸い付くように収まりますので、手首が楽な角度で持てます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ニッパー式爪切りは普通の爪切りに比べ、様々なトラブルを持つ足の爪への対処に使われるシーンが多いと思われます。「ニッパー式でないと切れない」という方にとって、生活の必需品とも言えますので、使いやすくて丈夫で長持ち、切れ味抜群のニッパー式爪切りを適正な価格でご提供する事です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本品の大まかな工程は外国で行っておりますが、最後の刃付け、調整、検査は日本の熟練した職人の入魂の手作業で行われています。本品の様な「鋳造製品」は組み付ける過程で、どうしても誤差が生じます。1本1本異なっている誤差を補正し、最後に切れ味を整えるのが、熟練した職人の技です。「切れ味」には機械のような数値も寸法もありませんので、全て職人の手の感覚で仕上げています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

刃物におきましても大量生産・大量廃棄の流れは定着しています。しかし、長い目で見れば、安いものをむやみに買うよりも、良い物を長持ちさせるほうが経済的で環境にも良いはずです。見た目ではなく、使用者の本当のニーズ合ったものを、適正な価格で造れば、多くの方に長く使っていただけると思いました。物を大切に使う心こそ本当のエコに通ずるのだと思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

刃物に一番大切なのは、切れ味であり、デザインもそれに裏付けられたものでなければなりません。低価格で選ばれる製品があふれる中で、地味ですが日本らしい実用的なアイデアをプラスした「日本の匠の技」を適正な価格で提供する事で、切れ味の良い刃物を使う爽快感を多くの人に味わっていただきたいと思いました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の 「東急ハンズ」様各お店 。全国のドラッグストア様各お店。

審査委員の評価

左右のハンドルを手に取って使ってみた時のバランスがよくできている、開閉して操作する時の使い手の視点に立ったデザインである。「ねじりコイルばね」の開発が、この商品の優位性として、うまく働いている一品である。オールステンレスで無駄を省いたデザインに仕上げてある点も好感が持てる。精緻に作り上げてある刃先は、細かい爪先をカットするのに便利である。今後はキャップのデザインをさらに進化させて欲しい。

担当審査委員| 戸谷 毅史   川島 蓉子   サイトウマコト   廣田 尚子   山田 晃三  

ページトップへ