GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
郵便受箱 [KS-MB3001P,KS-MB3101P,KS-MB4001P,KS-MB4101P,KS-MB6001P,KS-MB6101P]
事業主体名
株式会社キョーワナスタ
分類
住宅設備機器
受賞企業
株式会社キョーワナスタ (東京都)
受賞番号
11G04083
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

白と黒を基調としたミニマルデザインの集合デザインポスト。業界初の本体(箱部)に再生材を使用し樹脂化した環境に配慮したエコデザイン商品。サイズは角2封筒が入る設計で設置戸数・場所に合わせた3サイズ(W120xH100・W120xH120・W280xH120)を用意。それぞれ前入前出・前入後出計6機種用意した。使用環境・使用者設定は多様であるため操作性を考慮した大型静音ダイヤル錠とメンテナンス性と操作性を改善したプッシュボタン錠を標準装備する。集合住宅のエントランス空間をデザインし、環境に配慮したモノ達で空間・時間を作るとことで新しい「しつらえ」が提案できる。

プロデューサー

株式会社キョーワナスタ 商品開発部 部長 高橋明典

ディレクター

株式会社キョーワナスタ 開発設計課 課長 東誠仁

デザイナー

株式会社キョーワナスタ 商品企画グループ 課長代理 児玉和之

発売予定
2012年4月1日
価格

19,000 ~ 35,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

郵便受箱本体を樹脂化することにより、従来のSUS製に比べ材料製造に必要なエネルギーやCO2排出量を抑えることが可能で、使用する樹脂材料は再生樹脂を使用している。メンテナンスに関しても、従来のSUS製は丁番・錠前受等が破損すると本体を交換しなくてはならないが、本製品は樹脂本体にセットされたSUS枠を交換することでメンテ可能であり、ライフサイクルを向上させることができる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

鍵を開け開閉する行為はポストにおいて大きな負荷で、UDの視点から見れば電気式の非接触錠が良い。しかしコストの面・エコの面からみれば機械式の方がよく、また操作性も十分である。今回従来の機械式錠において操作性を見直し、よりシンプルで開閉しやすいプッシュ錠を開発した。プッシュボタンはSUS製で、衛生的で経年劣化しにくい配慮を施している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ライフスタイルから見て、ポストは一日一度はチェックする。しかし、操作する時間は短い。短い時間しか使わないといっても毎日使うものだから「居住者の顔」としてデザインしたい。エントランスの内装にマッチしながら環境に配慮し、デザインされた小さなもの達で空間を作るとことで、さりげなくやさしいエコな生活スタイルを提案したい。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来ポストは機能、特に郵便物保管という面が重要で、セキュリティー・容量のみが重視されてきた。業界ではその機能偏重で、建築の内装デザインとしての機能が無視され、また環境に対して提案することなどなかった。今まで提案してこなかったエコやデザイン性を示すことで、建築の一部品で毎日使用されるものだから多くの人にエコデザインを意識させることに貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

本体に使用する再生樹脂はブラウン管TVで使用されていたもので、国内再利用しなければならない素材である。従来のSUS製に比べ、材料製造に必要なエネルギーの軽減や軽量化による輸送時のCO2排出量など商品に関わるLCCO2を抑えることができる。また、環境に配慮した商品を使用することで建築のLCCO2にも貢献する。小さなパーツではあるが、エコに配慮した商品を提案していくことが社会貢献につながると思われる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

一日一度はポストを開け閉めする。しかし触って使っている時間はそう長くない。毎日使っているものだから環境や人にやさしいだけでなく、「開ける時の一瞬の楽しさ」を提案したい。多くの集合ポストは金属製で開けた時も冷たい感じ。ポストは小さな玄関。「小さなしつらえ」を大事にすれば多くの人に、ものの大事さや楽しさが伝えられると思う。

審査委員の評価

樹脂製の集合郵便受箱。樹脂化で溶接がなくなり、部品も嵌込式とし方向性を無くしたことで組立の効率化を実現し、素材と機能のバランスを目指した製品。

担当審査委員| 山本 秀夫   岩崎 一郎   川上 元美   橋田 規子  

ページトップへ