GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
サイクロンクリーナー [VC-C11]
事業主体名
東芝ホームアプライアンス株式会社
分類
家電機器
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
東芝ホームアプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
11G03062
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

重さ僅か2.5kgの軽量コンパクトサイクロンクリーナー。前方を絞った滑らかなフォルムは、ボディーを視覚的にスリムに見せることに加え、家具間のすり抜けをスムーズにする。「エコモードにより消費電力を最大約35%まで削減」「溜まったゴミを1/5に圧縮」「解体せずに使えるフィルタークリーニング機能」「片手で取り外せるダストカップ」「ワンタッチごみすて機能」「99%持続する吸引力」「微細塵を99.9%キャッチ、脱臭クリーン排気」などの機能面も追求した。

プロデューサー

東芝ホームアプライアンス株式会社 家電事業部 リビング機器事業部長 小林伸行

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター 家庭電器デザイン担当 グループ長 若佐真理,デザインディレクター 松本博子

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 家庭電器デザイン担当 風当将文

詳細情報

http://www.toshiba.co.jp/living/cleaners/index_j.htm

発売
2011年9月1日
価格

オープンプライス

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

エコモードにより消費電力を最大約35%まで削減。徹底的なクリーナーの小型化により、使用資源を削減。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

単身世帯数の増加、高齢化など日本の環境変化に対応するため、現代社会に必要なユーザビリティーを追求。徹底的なクリーナーの小型化により、全ての人にとってストレスフリーな掃除を提供することを目指した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

「小型化による収納の効率化」「掃除中の取り回しのし易さ」「ワンタッチで出来るゴミ捨て」「簡単に出来るフィルター掃除」など、掃除を取り巻く全ての生活シーンにおいて使い易さを追求した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザインとエンジニアリングの密な連携により開発された本製品は、キャ二スタータイプのクリーナーにおいて今までにない軽量化を実現。クリーナー市場の活性化を図ることが出来る。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

エコモードにより消費電力を最大約35%まで削減。99.9%微細塵をキャッチし、排気をクリーン化。徹底的なクリーナーの小型化により、使用資源を削減。

ユーザー・社会に伝えたいこと

デザインとエンジニアリングの密なアプローチにより、軽量設計でありながら滑らかなフォルムを持つサイクロンクリーナーを開発。前方を絞ったデザイン形状は、ボディーを視覚的にスリムに見せることに加え、家具間のすり抜けをスムーズにする。収納やゴミ捨て、フィルタークリーニングなど、掃除を取り巻く全てのシーンをストレスフリーにすることを目指した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

最寄りの家電量販店又は最寄りの東芝ストアーでご購入可能。
http://www.toshiba.co.jp/living/cleaners/index_j.htm

審査委員の評価

各社サイクロン式の掃除機の造形言語を探す中、軽量コンパクトという使用者のニーズをコンセプトとして使用感を損なわずにしっかりと造形に活かしたデザインを評価した。小型軽量化は高齢化社会には高い需要がある故にここからの発展や展開にも期待したい。

担当審査委員| 朝倉 重徳   安積 朋子   田子 學   蓮見 孝  

ページトップへ