GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|中小企業庁長官賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ティーキャニスター [Karmi]
事業主体名
株式会社我戸幹男商店
領域/分類
生活領域 - 食卓・調理用品
受賞企業
株式会社我戸幹男商店 (石川県)
受賞番号
10B03025
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

KARMIシリーズの茶筒は、石川県の伝統工芸である山中漆器の高度な挽き物技術から生まれました。温度や湿度などの外気の影響を受けにくく、茶の風味を保ちます。精度の高いなめらかな蓋の開閉は、数ヶ月をかけて木地が含む水分を適切な率に調整する丁寧な木地作りと、職人の長年にわたる経験から得られた技術と勘によって実現しています。 製品のバリエーションは茶種を見分けるのに役立つ8つの形状と3つのカラーの計24タイプ。350cc容量の製品には、ダージリン種の標準的な大きさの茶葉が100g入ります。蓋には茶葉計量用の目盛付が付いています。

プロデューサー

株式会社我戸幹男商店 我戸正幸

ディレクター

THINGS / 安島諭、本田智子

デザイナー

THINGS / 安島諭 本田智子

ベストセラーよりもロングセラーをデザインの目標としています

詳細情報

http://www.syosenjapan.com/gt-karmi.html

発売
2010年3月1日
価格

12,600 ~ 13,650円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

私達は、外見の魅力はもとより、使い勝手や耐久性の観点からも長く愛着を持って使っていただける製品を作り続けたいと考えています。KARMIシリーズの製品群は、日本の伝統工芸を新しい観点から見つめ直しました。現代の生活様式に適応したデザインと機能性を兼ね備え、日本の職人の卓越した技術とその魅力を最大限に引き出すことを目標としています。

デザイナーのコメント

私達は、外見の魅力はもとより、使い勝手や耐久性の観点からも長く愛着を持って使うことのできる製品を作り続けたいと考えています。日常生活では疎遠であろう「伝統工芸品」をもっと身近に感じ、国内外の若い世代にも日本の伝統技術や文化のすばらしさを伝えることを目指してデザインしています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

紅茶のみならず、お茶全般にわたって興味を持つ消費者及び日本文化に理解や興味を示す国内外の消費者。さらに「伝統工芸品」という枠を超え、製品自体が持つ魅力、現代性、機能性に注目させることで、今まで日本の伝統・文化にあまり興味を示さなかった層の消費者をも取り込む。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

製品を日常的に使用することで、日本の技術のすばらしさを身近に感じ、再認識することができる。また、普段疎遠になりがちな、私達日本人が継承すべき日本の文化や伝統、歴史を知るきっかけ、興味の源となるであろう。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

デザイナー・メーカー・作り手である職人が対等な立場に立って製品開発にあたり、相互の意見交換を活発に行うことで新規性と合理性のある製品開発に成功した。また海外の販路獲得のために積極的に販促物を制作し、製品紹介だけでなく、日本文化や歴史のアピールに努めた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京ミッドタウンWISEWISE tools/六本木LIVING MOTIF/日本橋㈱三越/all about
http://stylestore.allabout.co.jp/mojo/ProductInfo/sku/EI250-00-0000-A344/

審査委員の評価

日本の伝統産業のほとんどが分業制であったが、時代の流れとともにそれぞれの職人さんの持つ技術が単独で製品となりえる可能性が出てきた。この石川県の挽き物技術からうまれた茶筒は、非常に洗練されたデザインで、その機能性、精度感、商品性などとても優れた逸品であるといえる。

担当審査委員| 澄川 伸一   田子 學   廣田 尚子   松下 計  

ページトップへ