GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
猫用システムトイレ [ニャンとも清潔トイレ]
事業主体名
花王株式会社
領域/分類
生活領域 - 雑貨・日用品
受賞企業
花王株式会社 (東京都)
受賞番号
10B01052
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ぼくのトイレは、リビングにある」。現代の猫は家族の一員として、家の中で一緒に暮している。その暮らしの中心であるリビングにも置けるトイレ。2層構造のトレー、チップ、マットを組み合わせて使い、糞尿を分離して脱臭する革新的な機能に加え、インテリアにも調和するデザイン性をプラス。従来の猫トイレが持つ不浄感を一掃し、愛猫との新しい共生スタイルを提案。「ニオイ」「砂の飛び散り」「掃除の手間」など飼い主の負担軽減はもちろんのこと、ごみ量の削減や未利用の木材を活用し、環境にも配慮。愛猫にとっても、清潔なトイレはストレスのない空間であり、尿チェックもできる安心な猫トイレとして新しく価値提案した。

プロデューサー

花王株式会社 ヒューマンヘルスケア事業ユニット パーソナルへルス事業グループ ペットケアグループ

ディレクター

花王株式会社 作成Cパッケージ作成部/サニタリー研究所

デザイナー

柴田文江

詳細情報

http://www.kao.co.jp/nyantomo/

発売
2009年9月7日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

愛猫との深い絆を求め、共に豊かに生きるため、賢くシンプルな生活が実践できる飼育環境の提供を目標とした。提案する猫トイレは、従来の猫トイレが持つ不浄感を一掃し、飼い主の飼育ストレスを開放する快適性を有すること。また、ごみ量の削減や有効資源の活用など地球環境にも配慮していること。さらに、猫自身の快適性も追及し、将来の健康、予防にも役立てることを考えた。

デザイナーのコメント

ペット用品として、愛猫と戯れるような楽しさを感じるモノのイメージと、リビングなどの暮らしの中で使われる道具としての信頼感を表現しようと思った。猫のニオイが気にならない高い脱臭性能を背景に、新しい「ネコトイレ」のあり方とペットとの暮らし方を提案。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

愛猫の健康を大切にし、自分の生活スタイルを守りながら、愛猫との暮らしを快適に過ごしたいと考える飼育者。近年、家族の一員として室内で暮らす愛猫が増え、愛猫と飼い主との生活空間が共有されることにより、新たな悩みが発生している。特に、猫トイレの「糞尿のニオイ」「猫砂の飛び散り」「掃除の手間」が大きな悩みであり、猫のトイレは汚いもの、他人には見せたくない不浄なものとして、ストレスを感じながら生活している。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

ニオわない、飛び散らない、お掃除簡単な機能的快適性に加え、インテリアにも調和するデザイン性をプラスして、従来の猫トイレが持つ不浄感を一掃し、どこに置いても安心な猫トイレとして新たな生活スタイルを提案した。飼い主は飼育ストレスから開放され、猫を飼う楽しみ、喜びをさらに感じることができる。愛猫にとっても、清潔なトイレはストレスのない空間であり、尿チェックもできる健康トイレとして新しく価値提案ができた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

糞尿を分離して高い脱臭力が得られるトレー、チップ、マットからなるシステム構造の猫トイレを提案した。尿はチップを通過し、マットが1週間分の尿を全面に吸収する構造なので、尿のたびにチップを廃棄する必要がなく、ごみの量が大幅に削減される。また、チップとマットの主原料である木材は、環境に配慮し、廃材や間伐材、加工時に出る木片など、再・未利用材を利用した。使用後は燃えるごみとして処理可能である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ホームセンター、ペットショップ、スーパーなど
http://www.kao.co.jp/nyantomo/

審査委員の評価

ペットとの生活や家族の一員としての繋がりが注目される昨今において、猫のトイレを人の生活の場であるリビングに置くという需要に応えるための、細やかな機能的配慮が多数盛り込まれており、商品の目標とした価値を感じます。外観デザインでは、置かれた空間が楽しくなる、または、猫の存在を楽しく感じられるような活き活きとした、張りのある形状が商品コンセプトを強くメッセージ化している点で、印象に残る商品として好評でした。

担当審査委員| 澄川 伸一   田子 學   廣田 尚子   松下 計  

ページトップへ