GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
普通教室用デスク・チェア [スカラーライト]
事業主体名
株式会社岡村製作所
領域/分類
社会領域 - 教育関連機器設備
受賞企業
株式会社岡村製作所 (神奈川県)
受賞番号
09D03011
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近年、給食や掃除の時間はもちろん授業そのものの多様化によりグループ作業の時間が増え、子ども自らが教室内のデスクレイアウトの変更を行う頻度が多くなってきました。しかし小さい子どもにとって自らが使うデスクチェアを動かすことは容易ではありません。「スカラーライト」はこの点に着目し、業界ナンバーワンクラスの軽さ、当社従来製品と比較して23%の軽量化と持ちやすさへの工夫で、子どもがレイアウト変更を安全に行なえるようにしました。さらに軽量化は省資源や輸送効率の向上等環境配慮にも貢献します。また使用時の安定性を高めるとともに、離着席のしやすさなどへの配慮や低ホルム材の採用などの健康配慮を行なっています。

プロデューサー

株式会社岡村製作所 マーケティング本部文教施設製品部 紀平綾

デザイナー

株式会社岡村製作所 デザイン本部製品デザイン部 原永祐、荒谷彩子

発売
2009年2月1日
価格

12,500 ~ 21,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

次の4点を目標としています。1つ目は「運びやすさ」で、製品の軽量化とともに持ちやすさを実現しています。2つ目は「安定性」です。特にチェアの後方安定性を高め、子どもが後に寄りかかった時の転倒の危険性を軽減しています。3つ目が「健康配慮」で、製品からの化学物質の発生を抑制しています。4つ目が「使いやすさ」で、離着席時のデスクへの足抜けの良さやデスク収納の使い勝手などに配慮しています。

デザイナーのコメント

小学生から高校生まで、幅広い子どもに愛着を持ってもらえるような、シンプルで軽快なデザインを目指しました。スカラーライトは名前の通り『軽くて持ち運びやすい』製品です。このデスク・チェアを使う子どもが頻繁にレイアウトを変え、仲間同士が話しあう授業、共同作業をする授業など、学校での授業が活気に溢れることを期待します。多様な授業スタイルで学び、豊かな人に育って欲しいと思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

スカラーライトは、JIS規格2号から6号まで幅広くサイズを展開しているため、小学生から大学生までご使用いただけます。今回の軽量化が最も効果を発揮するのは小学生・中学生です。彼らは、授業展開が多様な為レイアウト変更の機会が非常に多く、更にデスクの棚に収納する授業教材が多いという特徴があります。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

軽くて持ち運びやすいデスク・チェアを採用することで、授業の内容に応じて子ども自らが積極的に動かすことができます。小学生のうちから自らが自発的に学ぶ環境を与えることで、『自ら考え行動する力』『表現する力』『コミュニケーション力』を養う授業づくりに貢献します。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

環境配慮として①当社従来比23%の重量削減を実現し省資源や輸送効率の向上に貢献、②チェアの背座に再生PP樹脂を使用、③ドライバーのみで簡単に分解可能、④脚フレーム、デスクの棚は重ねられるように設計し生産段階における収納効率を上げる、⑤塗装には有機溶剤を使用しない粉体塗装を採用する、等の対応をしました。また特にチェアの後方安定性を高め、子どもが後に寄りかかった時の転倒の危険性を軽減しています。

その問題点に対し、どのように対応したか

環境配慮として、①CO2削減のため、製品の軽量化と減容化、②再生材の使用、③分別可能設計、④生産時の収納効率を上げること、⑤有害化学物質の不使用、などが課題となります。また子どもが使用するにあたり、安全に使えるという点も課題となります。

審査委員の評価

この教室用デスク、チェアは強度解析を繰り返し、従来品より23%も軽量化されたことで、業界ナンバーワンクラスの軽さを実現した。軽量化により多様な授業展開に対応し、授業の内容に合わせ、生徒自らが積極的にレイアウトを創出する事ができる。これにより授業に活気と創造性が溢れ、楽しい授業環境を創作する事ができる。サステナブルな観点からも評価された。

担当審査委員| 和田 達也   大月 ヒロ子   橋田 規子   日高 一樹  

ページトップへ