GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
自動車用メーター [クラウン ハイブリッド用 メータ]
事業主体名
トヨタ自動車株式会社/株式会社デンソー
領域/分類
移動・ネットワーク領域/身体の移動 - 身体の移動に用いられる機器・設備
受賞企業
株式会社デンソー (愛知県)
受賞番号
08C12027
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

クラウンに求められる高級感のなかにハイブリッドの先進性を表現するために、速度計・回転計・燃料計・水温計・マルチ表示に加え、ナイトビュー(歩行者検知機能付)表示機能など以上のすべてを12.3インチ液晶に全面表示するクラウン ハイブリッド用メーターである。

プロデューサー

トヨタ自動車株式会社+株式会社デンソー

ディレクター

トヨタ自動車株式会社 トヨタデザイン部+株式会社デンソー 技術開発センター デザイン室 主幹 藤田克己

デザイナー

株式会社デンソー 技術開発センター デザイン室 服部泰知

詳細情報

http://toyota.jp/crownhybrid/index.html

発売
2008年5月6日
価格

0円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

クラウン ハイブリッド用のメーターとして、 “クラウン”の高級感と同時に、12.3インチ液晶パネルを使い、液晶ならではの機能・表現力を使って“ハイブリッド”の先進性を表すことを目指した。

デザイナーのコメント

クラウン ハイブリッドの先進性を表現する重要な一要素として、クラウンの高級感の中で先進感のある表現を実現するために、CGで可能になった奥行きのある表現と、アニメーションを活用した表現を用いることで、車両のイメージ向上に貢献した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

高級セダンに「走行性能と環境性能の両立」に加えて、安全と安心を実現する先進性を求めるユーザーであり、自身が「より先進的な価値観と高い環境意識」を持つお客様。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

クラウンの伝統が持つ高級感とハイブリッドシステムが持つ先進性を表現したグラフィックデザインに加え、高機能化した車両に対し、メーターのユーザビリティーの向上を実現することで、クラウンハイブリッドの「先進的な」魅力をよりわかりやすく、お客様に感じて頂けるようにした。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

全面液晶パネルのメーターとすることで、アクセル開度とエコドライブの範囲を表示するインジケータ、平均燃費系、パワーメーターといったエコ運転のためのサポート情報を表示した。また、通常の速度表示で従来のアナログ表示に加え、デジタル表示を併用する等、わかりやすさを向上したメータとした。

その問題点に対し、どのように対応したか

地球温暖化防止のための二酸化炭素排出量の低減、燃料費高騰による低燃費志向などにより、ユーザーは車両の燃費性能向上を求めると同時に、「燃費を向上するための運転を行いたい」というニーズを有している。また、安全意識の高まりにより、メーターで表示する全ての車両情報の「わかりやすさの向上」が課題となっている。

審査委員の評価

高級セダンの中でもハイブリットという特別な車両のメーターとしていろいろチャレンジングな表現が盛り込まれている。スポーティーな走りを表現する2眼メーターの下部をカットして落ち着きも同時に表現し、それらのメーターの中にハイブリットの走行モニターやナイトビューなど様々などドライブ支援情報が表示される。スポーツモード、エコモードもその状態がメーター照明の色で一目で判断できるよう工夫されている。エンジンをスタートしてからの演出も車両シルエットから始まりメーターの稼働状態を表示し、そしていよいよ走行状態が表示される点もドライバー心理を良くとらえており評価できる。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   沢村 慎太朗   松井 龍哉  

ページトップへ