GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スクールセット [関西学院初等部デスクセット]
事業主体名
学校法人関西学院/コクヨオフィスシステム株式会社
領域/分類
社会領域 - 教育・人材育成に用いられる機器・設備
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
コクヨオフィスシステム株式会社 (東京都)
受賞番号
08B10029
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

関西学院初等部開校にともない製作したオリジナルの木製のスクールセット。「使うモノに対する愛着や、モノを大切にする心を育てる」「本物に触れる事で感性を磨く」「学校に対する誇りを感じる」などを子どもに伝える『教材としての家具』となる事を意図した。スクールセットは学校生活の中で最も長時間触れるものであり、安心して学習に集中できる環境を実現する為、全て木製とし、手に触れる場所すべての面取り、座りやすい座面や背の形状などディテールにこだわりシンプルで使いやすい意匠を心がけた。シンプルな意匠とする事は、関西学院初等部の歴史と共にサスティナブルなスクールセットとして時を経て完成される事を意図している。

プロデューサー

学校法人関西学院 施設部 課長 橋本恭雄、主事 神田有基

ディレクター

コクヨオフィスシステム株式会社 ソリューション本部 WSソリューション第二部 第二グループ WSデザイナー 大西理人

デザイナー

コクヨオフィスシステム株式会社 ソリューション本部 WSソリューション第二部 第二グループ WSデザイナー 大西理人、坂山正一

利用開始
2008年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

関西学院初等部 普通教室

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

『教材としての家具』-単なるスクールセットではなく、そこから「モノを大切にする気持ち、感性、木のぬくもり、関西学院の一員としての誇り」などを子どもに伝える教材としての家具を製作すること。『関西学院初等部らしい家具』-オリジナルのスクールセットを製作するに当り、関西学院120年の伝統と新設された初等部の新たな歴史を積み重ねて行く姿を表現したデスクセットを製作すること。

デザイナーのコメント

子どもは小学校時代の思い出の大部分をこのスクールセットに座って過ごす事になる。いつか大人になった時に素敵な思い出とともに育ったこのスクールセットを思い出してもらえれば嬉しい。そのため、昔ながらの木製スクールセットのように時を刻むスクールセットを作りたかった。そして、使うモノに対する愛着を強めたい思いがあった。使うモノに思いを込める事、モノから感じる事を子どもに伝えるきっかけとなって欲しい。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

学校の普通教室での利用を想定し、関西学院初等部に通う子どもを対象としてデザインをした。最も感性豊かな、成長力のある子どもに対して、その感性に訴えかける家具を製作する。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

学校に対して-オリジナルのスクールセットによる学校のブランディング 子どもに対して-感性豊かな子どもに対して、その感性に訴えかける豊かな学習環境を実現

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

昔ながらの学校家具のように、年月や使い方で家具が時を刻み、より美しく完成されていく姿をイメージした。スクールセットの変化の姿が鮮明に現れる様にシンプルなデザインをベースとし、初等部の歴史と共に時を刻む事で完成するデザインとした。長く使い続ける事で美しく育ち完成していく家具を実現する事で、家具自体が学校の歴史・伝統を作るための要素になると考えた。

その問題点に対し、どのように対応したか

現在、一般的なスクールセットは機能優先で工業製品化され、多くの学校では普通教室は一様な姿となってしまった。素材に関しても金属製や樹脂製が多く、時間と共に歴史を刻み、愛着を持ち長く使用できる家具が減ってしまった。教育の場である学校において、モノを大切にする気持ちを育てるため、また、地球環境のため、ロングライフな家具を製作する必要があると考えた。

審査委員の評価

だれもが使用する小学校の机と椅子は長く記憶に残り、その後の道具観やデザイン観に大きな影響を与えずにはいない。丁寧な面取り、座りやすい座面や背の形状、スタッキング可能、すべて木製、サイズは3種類。懐かしくかつ新しいこのデザインは、関西学院初等部開校に際して開発されたものだが、十分な普遍性をそなえている。こんな学校家具が欲しかった。ライフスケープデザインと呼んでいいと思う。

担当審査委員| 森山 明子   大月 ヒロ子   福田 哲夫   渡辺 誠  

ページトップへ