GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
会議用テーブル [エピファイ]
事業主体名
コクヨ株式会社+コクヨファニチャー株式会社
領域/分類
産業領域 - オフィスで用いられる家具・機器・設備
受賞企業
コクヨ株式会社 (大阪府)
コクヨファニチャー株式会社 (大阪府)
受賞番号
08B07040
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

会議空間、公共施設などで使用する収納効率、移動性を追求した平行スタック式の会議用フラップテーブル。ここ数年、首都圏のビル新築に伴い貸し会議室も増加しており、高級感のあるデザイン性に優れた会議用テーブルの需要が高まっている。前面のパネルからアルミダイカスト脚への流れるような曲線と面で構成された優美なフォルムが特徴で、会議空間をすっきりと格調高く演出。外観意匠性だけでなく、天板を折りたたむ際に指を挟む危険性を避けるため、前面パネルが自動的に外れる設計になっているなど、細部にまで安全性にこだわった。

デザイナー

コクヨファニチャー株式会社 デザイン室 大木一毅、商品開発部 坂口順一

詳細情報

http://www.kokuyo-furniture.co.jp

発売
2007年11月15日
価格

75,500 ~ 107,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

天板、幕板、脚などの構成部材が個々に主張しがちな会議テーブルを一体感のあるフォルムでまとめ上げ、複数のテーブルが並んだ際に、いかに空間をすっきりと見せるかを追求した。同時に目標とするスタックピッチの実現や安全性への配慮も行った。

デザイナーのコメント

一空間で複数のテーブルが並んだ時の存在感に配慮した。構造部材が部材単位で目に飛び込んできて、空間が乱雑に見えないように配慮した結果、アルミダイカスト脚とパネルの一体感のあるフォルムが誕生した。脚部もアルミダイカストならではの造形を追及。フラップテーブルとしての利便性や機能性、安全性と外観意匠のバランスが高い次元で実現できた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

一般企業の会議室、集会所や貸し会議室などの公共空間

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

平行スタッキングと効率性を追求したスタックピッチにより、会議空間の有効活用が可能。大径キャスターや高さ調節が可能のアジャスター機能の採用により、運搬製や利便性を向上させた。また、優雅な外観意匠は洗練された空間を演出することができ、質の高い会議を促す。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

天板を倒す際、万が一脚部と前面パネルとの間に指をはさんでしまっても、前面パネル下部のつめが自動的に脚から外れる独自の安全構造を採用。外れたパネルはもう一度同じ動作を繰り返すことで、パネルを元の位置に戻すことができる。また配線ダクトのサイドパーツにも柔らかい素材を用いた。再生樹脂の採用、材質ごとに分解可能など、リサイクル性にも配慮した。

その問題点に対し、どのように対応したか

安全性、リサイクル性

審査委員の評価

このような会議用フラップテーブルと組み合わせるスタッキング・チェアに、近年は脚部などに曲線をとりいれたソフトな印象の椅子が増えている。外観意匠にはそういった背景もあって、流れる曲線が強調されているのだろう。また折りたたみ時の形等、ディティールまでよく考えられている点も評価された。

担当審査委員| 安次富 隆   馬場 了   船曳 鴻紅   渡辺 弘明  

ページトップへ