GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2008

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
LEDデスクライト [エアライン]
事業主体名
バルミューダデザイン
領域/分類
生活領域 - 家具、インテリア用品
受賞企業
有限会社バルミューダデザイン (東京都)
受賞番号
08A04023
受賞概要
2008年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Airlineは、パワーLEDによる先進の光と、アルミ中空構造による美しいフォルムを持つデスクライト。その可動部は驚くほどスムーズに動き、ぴたりと止まります。フルサイズ、フル可動タイプなので、ディスプレイを見る時にも、読書をする時にも、最適な光をお届けします。

プロデューサー

有限会社バルミューダデザイン 取締役 寺尾玄

ディレクター

寺尾玄

デザイナー

寺尾玄

詳細情報

http://www.balmuda.com/products/l/airline/index.html

発売
2008年5月29日
価格

70,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

存在感がありながらも使用時に邪魔にならず、動かしやすいデスクライト。また、ディスプレイが見やすく、目が疲れにくい、現代のワークスタイルに適した光を提供するデスクライト。

デザイナーのコメント

「翼のようなシンプルなフォルム」という初期デザインスケッチが持つニュアンスを崩さずに、どう、現実の形状にしていけるかという技術的な課題に開発の大部分の時間を費やした。また、「動き」も製品のデザインの一部と考え、軽快感のあるフォルムに見合った可動部の動きを追求した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

インテリアに興味があり、デザインや品質に敏感なハイエンドユーザー

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

ディスプレイと相性の良いLED光源により目の疲労を軽減する事や、圧倒的に動かしやすい関節部を持つ事による、作業時の光源位置の設定の自由さ。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

Airlineは、50Wのハロゲン球相当の十分な光量を持ちながら、消費電力はわずか4 .5W。これは、最新のLEDを使用している事、独自開発の電源回路、LEDの光量を最大限に利用ための独自のリフレクター技術などによって達成された。また、光源は50000時間の使用後にも、新品時の70%までしか低下しない長寿命性能を持つ。

その問題点に対し、どのように対応したか

これまでの一般的なデスクライトは、光源に白熱灯、ハロゲン球、蛍光灯などを使用していた。それらの消費電力は20?60W、光源寿命は白熱灯等の場合で約2000時間、蛍光灯で約6000時間という短いものであった。

審査委員の評価

デスクライトは数々の名作があるが、さらに又新しいデザインができるのだという予感を与えてくれた。指一本でスムーズに動き、任意の位置で静かにとまる、機能・使用感とデザインが調和している。

担当審査委員| 益田 文和   赤池 学   五十嵐 久枝   黒崎 輝男  

ページトップへ