GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2007

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
携帯用舌クリーナー [くりたん]
部門/分類
商品デザイン部門 - 健康管理・美容商品
受賞企業
エビス株式会社 (奈良県)
受賞番号
07A01038
受賞概要
2007年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

オーラルケアーを目的とした商品で、最近よく取り上げられている口臭などの原因である「舌苔」と呼ばれる舌の上につく汚れを除去しきれいに清掃する道具です。口臭を気にする場面は自宅よりも、外出先が圧倒的に多いにもかかわらず、携帯性に優れる舌クリーナーが市場には少なく、しかも、特に女性は気にするものですが、口臭対策のための道具を携帯したり、店頭で購入する時には他人には見られたくないものです。そういった抵抗感を取り払うためにかわいいデザインを意識した商品にしました。

ディレクター

エビス株式会社 開発部 グループマネージャー 宮本恭介

デザイナー

エビス株式会社 開発部 主任 海田泰久

詳細情報

http://www.shitakirei.jp/

開始日
2006年9月21日
価格

400円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

とにかく今までにないかわいいデザインと、使い勝手の良さと、携帯性のよさを高い次元で融合したものに仕上げたかったです。特に注意したのは、かわいさを重視したデザインにしたために、使いやすさや、その商品としての機能を落とさないようにしました。

デザインのポイント
1.本体にラバーを使用し、舌に優しく汚れをかき出し、グリップ部分も持ちやすくしました。
2.本体を収納する専用ケースは、丸みを帯びた形状で持ちやすく、携帯しやすくしました。
3.ケースの空気穴を、どこか憎めなく、思わずにこやかになってしまうような顔にしました。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

口に入れたときの違和感や、嘔吐反応が起こりにくい形状とサイズに気を使いました。清潔に保てるようにシンプルな形状にしました。

審査委員の評価

オーラルケア周辺は、最近、ニーズが増えている市場領域だが、舌クリーナーでデザインされているものはまだまだ少数派である。その中で、ユーモラスなデザインが施されている点は優れている。しかも、コンパクトなサイズで、ケースを付けているので携行でき、コンパクトに簡単に持ち歩けて、どこでも使える点もユーザーのニーズに合っている。あえて言えば、かわいらし過ぎるデザインを、もう少し押さえる試みがあってもいいと思う。

担当審査委員| 廣田 尚子   川島 蓉子   サイトウマコト   長濱 雅彦  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ