GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2006

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ガラスプレート [ウォーターマークシリーズ スクエアM]
部門/分類
商品デザイン部門 - 調理・食卓商品
受賞企業
株式会社ワンオーバーエフ (愛知県)
受賞番号
06A06016
受賞概要
2006年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

清潔感があり、丈夫で扱いやすく、デザインにもこだわったガラスのプレート。料理やお菓子などを直接載せたり、パーティーのときの盛皿にしたりと、多目的に使える。間に花ビラやもみじなどを挟んで季節の演出を楽しむことも出来る。フュージングと呼ばれるガラス成形の方法で、石膏の型を使い、水滴がはねたような模様を付けた。また石膏の角にくぼみを付けることによって、焼成時に垂れたガラスが脚となり、立体感のあるフォルムを作り出すと同時にスタッキングも可能にしている。

プロデューサー

株式会社ワンオーバーエフ 代表取締役 岡本洋子

デザイナー

松山美恵

デザイナー顔写真

詳細情報

http://www.oneoverf.co.jp/onlineshop/60.html

開始日
2005年3月1日
価格

3,675円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

美しく光を映す板ガラスで食器を作りたいと考え、何度も試作を重ね、ガラスにくぼみ(脚)をつけるデザインにすることで、下のテーブル面にガラスを通過した模様が映りこむようにした。また料理を乗せる面をフラットに仕上げるため、テーマである水滴模様は裏面に施した。さらに試作を重ね、脚のデザインをスタッキング出来るものに変更した。

デザインのポイント
1.脚をつけることでスタッキングを可能にした。
2.裏面に模様をつけることで表面がフラットになりメンテナンスを楽にした。
3.他の器とのコーディネートも考慮に入れた形状とした。
使用者、社会等への取り組み

ユーザーの使いやすさや商品の親切さの向上のためにデザインが特に取り組んだ事項

安定感のよい状態でスタッキングできる。

製品の寿命を長くするための工夫、あるいは寿命を全うした商品が廃棄される段階での対応

焼成する事で、面を撮り、ガラスの欠けを防ぐ。5mm厚のガラスを使用することで耐久性を持った商品にした。

デザインが技術・販売等に対して行った提案

販売価格を抑えるため、サイズ、シリーズ展開を再考した。

審査委員の評価

一見すると普通のガラスの器であるが、そのデザインには何度も試作を重ね、ガラスの特性を活かした様々な工夫が凝らされている。焼成時に垂れたガラスが脚となり、置かれる面にガラスを通過した模様が映りこむ演出、またその脚はスタッキングを可能とし、間に花びら等を置いて楽しむことも出来る。清潔感がある点も評価したい。

担当審査委員| 和田 達也   岩崎 一郎   芝 操枝   左合 ひとみ  

評価ポイント( :評価された項目)
1. 良いデザインであるか (グッドデザイン商品、建築・環境等に求められる基本要素)
  • 美しさがある
  • 誠実である
  • 独創的である
  • 機能・性能がよい
  • 使いやすさ・親切さがある
  • 安全への配慮がなされている
  • 使用環境への配慮が行き届いている
  • 生活者のニーズに答えている
  • 価値に見合う価格である
  • 魅力が感じられる

2. 優れたデザインであるか (商品、建築・環境等の特に優れた点を明らかにするポイント)
  • デザインコンセプトが優れている
  • デザインのプロセス、マネージメントが優れている
  • 斬新な造形表現がなされている
  • デザインの総合的な完成度に優れている
  • ユーザーのかかえている問題を高い次元で解決している
  • 「ユニバーサルデザイン」を実践している
  • 新しい作法、マナーを提案している
  • 多機能・高機能をわかりやすく伝えている
  • 使いはじめてからの維持、改良、発展に配慮している
  • 新技術・新素材をたくみに利用している
  • システム化による解決を提案している
  • 高い技能を活用している
  • 新しいものづくりを提案している
  • 新しい売り方、提供の仕方を実現している
  • 地域の産業の発展を導いている
  • 人と人との新しいコミュニケーションを提案している
  • 長く使えるデザインがなされている
  • 「エコロジーデザイン」を実践している
  • 調和のとれた景観を提案している

3. 未来を拓くデザインであるか (デザインが生活・産業・社会の未来に向けて積極的に取り組んでいることを評価するポイント)
  • 時代をリードする表現が発見されている
  • 次世代のグローバルスタンダードを誘発している
  • 日本的アイデンティティの形成を導いている
  • 生活者の創造性を誘発している
  • 次世代のライフスタイルを創造している
  • 新しい技術を誘発している
  • 技術の人間化を導いている
  • 新産業、新ビジネスの創出に貢献している
  • 社会・文化的な価値を誘発している
  • 社会基盤の拡充に貢献している
  • 持続可能な社会の実現に貢献している

ページトップへ