GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2019

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
カーフェリー [クルーズフェリー「シーパセオ」]
事業主体名
瀬戸内海汽船株式会社
分類
船舶
受賞企業
瀬戸内海汽船株式会社 (広島県)
受賞番号
19G090672
受賞概要
2019年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

広島・呉・松山の三港を結ぶ航路へ、約30年ぶりに新造された旅客フェリーである。地元の人々の暮らしを支える乗り物でありつつも、国内外からの旅行者に対しては心に残る瀬戸内海の時間を提供したいとの思いから、多様な人々を常に包摂できるような「瀬戸内海の移動を楽しむみんなの移動公園」をデザインコンセプトとして開発を行った。

デザインのポイント
1.【新感覚】日常のカーフェリーを「移動するみんなの公園」と捉え直し、多様な過ごし方に応える場を再構築。
2.【参加型】聞き取り調査やワークショップを積極的に取り入れ、利用客やサービス従事者の想いを設計へ反映。
3.【災害対応】豪雨災害による長期的な陸路の遮断等、非常時対応における海路輸送の人員枠の増大を実現。
プロデューサー

瀬戸内海汽船株式会社 代表取締役社長 仁田一郎+株式会社GKデザイン機構 取締役相談役 山田晃三

デザイナー

内外観デザイン&ブランディング:株式会社GKデザイン総研広島、コンセプト:瀬戸内海汽船プロジェクトチーム+GKデザインリサーチイニシアティブ、照明デザイン:株式会社 ジイケイ設計

詳細情報

http://setonaikaikisen.co.jp/newferry/

利用開始
2019年8月1日
価格

3,600円 (広島-松山/大人運賃(片道))

設置場所

広島港、呉港、松山観光港(定期航路)

受賞対象の詳細

背景

①機能の更新:就航から30年を経て、電子機器類の更新、燃費対策、バリアフリー対応、インバウンド対応など、時代に即した機能更新が必要となった。 ②利用者の多様性:地元の高齢者や子連れ親子・近年増加傾向にある訪日観光客やサイクリスト・利用頻度の高いトラック運転手など、船内に混在する多様な利用客に向けて、一人ひとりの思いへ寄り添うサービスの提供に配慮。 ③フェリー固有の価値:他の競合サービス(陸路移動や高速艇など)にはない、フェリー上でゆっくり過ごす2時間半の船旅でこそ得られる体験価値を訴求。 ④社員の意識醸成:積極的に自分達のフェリーのあり方を考える社員参加型のプロジェクトになることに留意。 ⑤非常時への対応:昨年の西日本豪雨災害により陸路が長期に渡り寸断された折、一部輸送が海路に集中した(本航路の1日あたりの利用者数が最大で平常時の100倍に増加)。これを受け、非常時の定員増に対応。

経緯とその成果

コンセプト「瀬戸内海の移動を楽しむみんなの公園」のもと次の3つを実現。 ①多様な利用者の属性・価値観に寄り添うよう、1人ひとりへ心地良い居場所を提供する客席:これまで画一的な配置であった船内客席に「快・会・開」の3つのゾーニング設定と11種の特徴的なシート設計を行い、多様で柔軟な空間構成を実現。 ②船尾席と屋上の新しい使い方:これまで「ハズレ席」のような性格のあった船尾席や屋外テラス席を、船ならではの魅力を体験できる空間として設計。屋上には「あずまや」のような屋根付き席と人口芝を設けた他、船尾側にも屋内席を設け、快適な環境で過ごしながら船尾に続く潮の流れや瀬戸内海の景色を楽しむことができるよう設計した。③ユニバーサル対応:エレベーターの設置や多言語対応の情報提供等により、現行船で身体的・心理的な障壁となっていた要因を取り除き、あらゆる人に船上での時間を楽しんでほしいという思いを表現した。

仕様

総トン数:902トン/全長:61.00m/全幅:13.60m/航海速力:15.0ノット/旅客定員:300名/車両積載台数:35台(乗用車換算)/ME:ニイガタ原動機 6MG26HLX(1,250kw)×2基/船尾双胴型/建造:株式会社神田造船所

どこで購入できるか、
どこで見られるか

瀬戸内海(広島〜呉〜松山航路)
シーパセオ紹介サイト

審査委員の評価

船内を3つの円でゾーン分けし、それぞれに独自のテーマカラーを与えたうえで、ソファ、カーペット、デッキとさまざまな形態で過ごせる多彩な空間を表現した。洋上を移動する公園というコンセプトどおり、乗客が場所を変え、姿勢を変えながら時を過ごすことができる。自由で開放的という船旅の長所を引き延ばす方向性の作りが、心地よさに結実している。西日本豪雨の経験から、非常時の輸送人員増加に対応した作りを盛り込んだ点にも好感を抱いた。

担当審査委員| 菅原 義治   川西 康之   根津 孝太   森川 高行   森口 将之   Hrridaysh Deshpande  

ページトップへ