GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマホコンテンツ [全国統一防災模試]
事業主体名
ヤフー株式会社
分類
個人・公共向けの意識改善
受賞企業
株式会社博報堂ケトル (東京都)
受賞番号
18G161295
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

人々の防災に対する「意識」を命を守る「知識」に変えるための、スマホで受けられる防災テスト。

プロデューサー

株式会社博報堂 岡田憲、山縣太希+株式会社博報堂アイ・スタジオ 久樂英範、野尻美樹+株式会社東北新社 麻生峻司

ディレクター

ヤフー株式会社 和気洋子、高橋信介、山下徹 + 株式会社博報堂ケトル 橋田和明+株式会社博報堂アイ・スタジオ 河野洋輔、北川冬希

デザイナー

株式会社博報堂 柿﨑裕生、本多恵之、井手康喬、内田翔子、小島翔太、桃井菜穂 + 株式会社博報堂アイ・スタジオ 猪鼻セカンドル貴正、戸田剛太、島尻智章、原島彪斗、杉谷忠信、梁取雅夫、髙野翔太

詳細情報

https://bousai.yahoo.co.jp/pr/201803/

利用開始
2018年3月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

日本の防災力をアップデートする。

背景

実際に災害が起きたその瞬間、自分の身を守ることができるのは他でもない自分自身。だからこそ、意識を高めることに止まらず、自ら命を守る正しい知識を身につけてもらう「行動喚起」に挑戦した。また、スマホは災害時に重要なツールとなることに着目し、その特性を十分に活かした問題を構成。いざという時に本当に身を守るコンテンツを追求した。

デザイナーの想い

デザインのテーマは、「意識」を「知識」に変えること。昨年は津波の高さを体感させるソニービルの屋外広告で、防災について考えてもらえることができましたが、それだけでいいのだろうか?ということがデザインの始まりでした。実際の災害時に本当に命を守ってくれるのは「どれだけ正しい知識を持っているか」ということ。東北大 佐藤准教授とのディスカッションでは、正しい避難の仕方や応急処置の方法など知らないことばかりで、これはみんなに届けなくては、という使命感にかられました。一人でも多くの人に防災力を高めてもらうため、「スマホで簡単に」「リアルに」「最後まで受けたくなる」ということにこだわってデザインしています。また、このプロジェクトは試験を受けてもらうだけで終わりではありません。150万人の試験結果は、日本の防災力の現状を明らかにする調査データとして、今後の防災啓蒙に役立てることができると考えています。

仕様

防災に必要な知識が身につく全25問のスマホ型テストコンテンツ。誰でも無料で受験可能。

審査委員の評価

スマホならではの体験が随所に織り込まれ、楽しみながら防災の知識を得ることができる優れたデザイン。「全国統一防災模試」という言葉の記号性の高さも、参加促進に貢献している。

担当審査委員| 岩佐 十良   伊藤 香織   太刀川 英輔   並河 進   服部 滋樹  

ページトップへ