GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
認定こども園(保育所型) [まちのこども園 代々木公園]
事業主体名
ナチュラルスマイルジャパン株式会社
分類
地域・コミュニティづくり
受賞企業
株式会社ブルースタジオ (東京都)
ナチュラルスマイルジャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
18G161246
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国家戦略特区を活用した代々木公園の中にたつ認定こども園。 「まちぐるみの保育」を提唱し地域にひらかれた保育園・こども園を運営するナチュラルスマイルジャパンが運営し、0歳児を含む128名の園児の受け入れを行う。 年間約1,000万人の国際色豊かな利用者が行き交う代々木公園は、多様な自然環境・歴史・文化が育まれています。かつて農村集落だった「原宿村」を見渡す丘陵の上に位置する園舎のデザインは、小高い丘のうえに佇む想像上のおおきな農家、みんなが集う大屋根にまもられた日本家屋をイメージ。「まちのこども園」の特色でもある誰もがアクセス出来る地域社会との接点には、囲炉裏のある土間空間を設けました。

プロデューサー

ナチュラルスマイルジャパン株式会社 松本理寿輝

ディレクター

株式会社ブルースタジオ 大島芳彦

デザイナー

株式会社ブルースタジオ 大島芳彦、薬師寺将、平宅正人+Donny Grafiks 山本和久

株式会社ブルースタジオ 大島芳彦

詳細情報

https://machihoiku.jp/yoyogikoen/

利用開始
2017年10月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都渋谷区代々木神園町2番1号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

原宿村の原風景。丘の上の小さな家、大屋根の農家。

背景

社会問題化している待機児童への対策を背景に、国家戦略特区を活用した都市公園である代々木公園内での認定こども園を設置が決定。渋谷区が実施した事業者プロポーザルにおいて、ナチュラルスマイルジャパン株式会社が事業者として選出され、民設民営でこども園を設置することとなりました。加えて、ナチュラルスマイルジャパンと東京大学 発達保育実践政策学センターとで保育の質について「共同研究」を行うこととなり、CCLCを併設することとなりました。「まちぐるみの保育」を提唱し地域にひらかれた保育園・こども園を運営するナチュラルスマイルジャパン株式会社と、建物と地域社会との関係性をリ・デザインするスタンスで不動産の再生および有効活用に取り組むブルースタジオは、ともに「まちぐるみ」という観点で共通のビジョンを持つ2社がチームとなり、国際色豊かな利用者が集う代々木公園という環境の中であるべき園舎の計画を共に進めました。

デザイナーの想い

私たちは代々木公園にこども園をつくるということは、渋谷のこども達に愛と誇りある原風景を提供することだと考えています。渋谷で育つこども達にとって「故郷渋谷の実家」となる園舎をつくることを目指して、かつて農村集落・原宿村にあったであろう想像上の農家をモチーフにデザインを行い、園舎は木や石、土にといった自然素材をふんだんに用いた本物に触れることができる空間としました。また本園舎ではかつても暮らす人々と地域社会の接点であった土間空間を「まちぐるみの保育」を実践する場として、こども達が出入りする園舎のエントランスに計画。公園利用者の誰もが園舎にアクセスしやすい環境をつくるため、エントランスに面する部分は塀を設けず、土間に面する部分は引き違いの木製ガラス戸とすることで周辺環境に開いた計画とし、敷地外のアプローチ舗装を含めて代々木公園と園舎の建つ敷地がシームレスにつながるよう総合的にデザインしています。

仕様

建築面積604.87㎡ 延床面積871.23㎡ 木造2階建

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都渋谷区代々木神園町2番1号
まちのこども園 代々木公園HP
ブルースタジオ Portfolio
東京大学大学院教育学研究科との保育・教育・研究交流連携事業に関する協定調印の報告

審査委員の評価

20世紀型プラットフォームから、こども教育の次なるフェーズとしての実証例だと考える。編集的な立て直しが必要な時代。社会課題を目の当たりにした時、仮説から実験的な要素まで、課題解決とその方法論を此処では上手く組み立てられているように思う。公共公園の活用、待機児童と人口減少、次世代の保育研究、歴史と民俗性など、私達が取り戻さなければいけない野生の感受性は、この様な複合的な要素によって開かれていくのではないだろうか。公園に放たれた開放的な空間は、子供達にとっても、眺める側にとっても、心地の良い問いかけを投げかけてくれてる。

担当審査委員| 岩佐 十良   伊藤 香織   太刀川 英輔   並河 進   服部 滋樹  

ページトップへ