GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
フードトラックプラットフォーム [青空シェフごはん TLUNCH<トランチ>]
事業主体名
株式会社mellow
分類
ビジネスモデル
受賞企業
株式会社mellow (東京都)
受賞番号
18G151197
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

TLUNCHは、ビルの空きスペースとフードトラックをマッチングするプラットフォームです。個人事業主であるオーナーシェフが経営する、様々なメニュージャンルのフードトラックと提携。曜日ごとに別々のフードトラックを配車することで、限られた選択肢のなかでランチタイムを送るオフィスワーカーに、飽きずにランチを楽しめる仕組みを提供しています。また、売上や出店スケジュールを管理する独自システムによってデータを分析し、配車の最適化や、シェフの効率的な仕入れ・仕込みにつながるフィードバックを行います。このように、TLUNCHはビルオーナー、シェフ、利用者すべてのステークホルダーにメリットを提供するサービスです。

プロデューサー

株式会社mellow 柏谷泰行、石澤正芳

ディレクター

株式会社mellow 松澤厚志、ソヨンボン

デザイナー

株式会社mellow 小関真裕美+株式会社Shed 橘友希

柏谷泰行/石澤正芳/小関真裕美/橘友希

詳細情報

https://www.mellow.jp/tlunch

営業開始
2016年5月
価格

0円 (フードトラックの売上の15%をTLUNCHの利用料としていただいています。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都内を中心とした関東近郊85ヶ所で営業中(2018年9月現在)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

なんでもない場所を、おいしい場所に。TLUNCHはフードトラックを通じて、関わる人々を笑顔にします。

背景

飲食店経営は非常に困難です。初期費用に1000万円程かかる上、毎月の家賃や人件費、採用費、広告費などがのしかかり、2年以内の廃業率はなんと49.7%。その結果、一等地に台頭するのは資本力のあるチェーン店ばかり。オフィスワーカーも次第に周辺の飲食環境に飽き、ランチが空腹を満たすための「作業」になってしまいます。こうした飲食業界の構造上、こだわりと情熱を持った個人が店を続けるのが難しい現状がありました。一方フードトラックは固定店舗の5分の1のコストで開業できる他、人生をかけて仕事に挑むオーナーシェフが目の前で料理を作り、全力で接客する。チェーン店では味わえない人間くさいサービスが人を惹きつけます。美味しいランチで午後からまた頑張ろう!という人を増やしたい、飲食業界にコスト革命を起こし、料理人が低リスクで起業し、自慢の料理を提供できる仕組みを実現したい、そんな想いからTLUNCHは生まれました。

デザイナーの想い

経済の中心地で一生懸命働くビジネスマンが食に飽きて、死んだ目をしながら作業のように飯を掻き込む、そんな日常があたりまえで良いのか?人の生活を支え、大きな喜びを与えてくれる「食」において、もっと個人のこだわりが生み出す一味違ったサービスを提供できる場(スペース)を作りたい。ロゴマークには、「トラック」のシルエットのアウトラインが「スペース」を形成し、その「スペース」から人々の幸福や笑顔、そして場の賑わいが溢れ出す。そんな想いが込められています。また、今後はランチタイム以外にもサービスの提供時間を広げ、食以外にもマッサージやネイルといったサービスカテゴリーを拡充していきます。トラックのシンボルは、「空きスペースを活用して、必要なサービスを・必要な場所に・必要なときにお届けするモビリティサービス・プラットフォーム」に進化していくこと、無限の展開を可能にできるよう究極のシンプル形状を追求しました。

仕様

ビルの空きスペースとフードトラックをマッチングし、シェフこだわりの料理をその場で調理盛り付け。曜日ごとに別々のフードトラックを配車し、周辺のランチ環境に飽きてしまったオフィスワーカーに食の楽しみを提供します。ビルオーナーは空地が収益化する他、テナント満足度の向上につながります。TLUNCHが場所の確保や販促、売上データの解析による配車最適化を行うことで、シェフは料理や接客に専念することができます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

都内を中心とした約85ヶ所のランチタイムに営業中。TLUNCH公式アプリから営業場所を確認できます。
TLUNCH(サービスサイト)
TLUNCH(ビルオーナー向けページ)
TLUNCH(フードトラックオーナー向けページ)

審査委員の評価

新しいシェアリングエコノミーサービスとして仕組化した。オフィスビルの空き地、そこで働くオフィスワーカー、おいしい食事を提供するフードトラックオーナー、これらを繋ぎ、尚且つ独自のシステムにより、売り上げや出店スケジュールの管理、配車の最適化、シェフの効率的な働き方を促すことにより、三方良しのシステムを構築した点を評価したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   佐々木 千穂   田中 仁   深津 貴之   水野 祐  

ページトップへ