GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
検索システム [マイパラ!Find My Parasport]
事業主体名
公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター
分類
一般・公共用システム・サービス
受賞企業
公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター (東京都)
受賞番号
18G141156
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『マイパラ!Find My Parasport』は、障害のあるなしに関わらずパラスポーツに興味を持った方が「行動へ移すきっかけを作る」サイト。主な機能は、パラスポーツ診断とチーム検索。占い感覚で自分にピッタリのパラスポーツが診断でき、チーム検索では活動エリア+競技を入力することでクラブチームが検索可能で、チーム代表者にコンタクトが取れる仕組みになっている。全国から大小さまざまなクラブチームの情報を掲載することで、チームと興味を持った方をつなぎ、多くの方にパラスポーツに触れる機会を提供。公開1年で41競技を掲載し、チーム登録数は全国365件、閲覧数10万PVを超えるサービスとなった。

プロデューサー

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター 常務理事 小澤直

ディレクター

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター 推進戦略部 プロジェクトリーダー 前田有香

デザイナー

チームラボ

詳細情報

https://www.parasapo.tokyo/mypara/

利用開始
2017年4月19日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

あなたにぴったりのパラスポーツが見つかる!

背景

パラリンピックの認知度が上がるにつれて、パラリンピックサポートセンターには障がい者やその家族、サポートを希望する方等から「どの競技ができるのか」「どこでできるのか」という問い合わせが多数あった。当時は障害種別でパラスポーツを検索できる仕組みがなく、パラリンピック競技団体とのネットワークを活用し、障害種や年齢、居住地等を確認の上で、該当しうる競技や関連する団体の紹介を行っていた。しかし、問い合わせという行動を起こす方はパラスポーツへの関心がかなり高い方であり、実際には問い合わせをする前に諦めてしまう人が多数いるのではないかと考えた。パラスポーツをもっと身近に、もっと気軽に取り組めるようなサービスが必要であるという考えのもと、本プロジェクトの企画・開発に取り組んだ。

デザイナーの想い

【パラスポーツを通じた新たなコミュニティとの接点】 パラスポーツは、障がい者だけでなく健常者も取り組みことが可能なスポーツであり、サポート、応援といった関わりを通じてインクルーシブ社会に目を向けるきっかけにもなる。より多くの人にその魅力が伝わるように、健常者でパラリンピックを目指したい方には視覚障がい者のガイドとして出場できる競技も紹介。また、レクリエーションとしてパラスポーツを楽しみたい方には、身体を動かす機会や新しいコミュニティとの接点にもなるよう、健常者が選手として参加可能なチームやボランティアを募集中のチームもタグ表示でわかりやすく掲載した。実際にチーム運営者やユーザーから「マイパラ!」サイトを介して、パラスポーツを始めたという報告も届いている。

仕様

■利用者のターゲット:障がい者、健常者(パラスポーツに関心のある方)。 ■用途:パラスポーツに興味のある障がい者・健常者が、自分にできそうな、自分に合っているパラスポーツを見つけることができ、やってみたいと思ったら近くにあるチームも検索できる。 ■利用形態:PC,スマートフォン等で利用するWEBサービス

どこで購入できるか、
どこで見られるか

https://www.parasapo.tokyo/mypara/
あなたにぴったりのパラスポーツは? 「マイパラ! Find My Parasport」スタート!
「マイパラ! Find My Parasport」リニューアル!
パラスポーツ診断 あなたにぴったりのパラスポーツは!?

審査委員の評価

パラスポーツをやりたいが、自分の状況に合ったパラスポーツはどんなものかが分からない、まして通える場所にどんなチームがあるか分からない、という状況に対応するために、簡単な質問に答えるだけで自分に適した競技を推薦してくれる本サイトのマッチングサービスは使い勝手の良く、さらにすぐに各競技の最寄りのチームの情報や連絡先までわかるシンプルなシークエンス設計を評価した。また全国のクラブチームの情報をコツコツと集めて、十分な情報量に達している点も評価した。

担当審査委員| ドミニク・チェン   Andrew Pang   閑歳 孝子   長田 英知   藤崎 圭一郎   Andrew Pang  

ページトップへ