GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
人工知能系ソフトウェア [Aidemy]
事業主体名
株式会社アイデミー
分類
一般・公共用アプリケーション・ソフトウェア
受賞企業
株式会社アイデミー (東京都)
受賞番号
18G141152
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Aidemyは、「10秒ではじめられる」AIプログラミング学習サービスです。一般的なAIプログラミング学習サービスは、特別な環境構築や予備知識が必要で、学習ハードルの高い存在でした。そこで、環境構築不要のコーディングエリアと予備知識不要のテキストエリアを一画面上にデザインすることで、「作りながら学ぶ」実践中心型の学習システムを設計しました。エンジニアを中心としたユーザーが、AI人材としてキャリアアップができるように、ディープラーニングや自然言語処理など、いま話題の技術を中心とした全23種類のコースを取り揃えています。

プロデューサー

石川聡彦

ディレクター

森山広大、山田紘也

デザイナー

森雄大、佃望

詳細情報

https://aidemy.net/

発売
2017年12月
価格

0 ~ 5,000円 (講座ごとの買い切りサービス。1講座あたりの値段を記載。)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ブラウザ完結型&実践中心型の学習デザイン

背景

「2017グローバル人工知能人材白書」によると、AI領域には約80万人の人材不足が起きています。世界各国で苛烈な人材争奪戦が繰り広げられる中、決め手となる人材育成システムはまだ構築されていません。人材育成が滞る原因として、AI分野は学習ハードルが高いと思われていることが挙げられます。学習ハードルが低く、なおかつAI人材として十分なスキルを習得できる学習サービスが求められていました。

デザイナーの想い

これからの社会インフラとなるAI分野。その人材育成に関わる「学習ハードル」という課題をこの国から解決していく。それは、テクノロジー分野における日本の国際競争力を復活させることにもつながっています。わざわざ環境構築を行ったり、テキストエディタを立ち上げたりする必要のないブラウザ完結型にすることで「はじめやすさ」をデザインする。そして、事前学習が不要で、作りながら学べる実践中心型にすることで「つづけやすさ」をデザインする。日本に、世界にグッドインパクトを与える「AI人材」がAidemyから輩出されることを願い、この学習システムをデザインしました。

仕様

エンジニアのためのAI特化型プログラミング学習サービス。理論よりも実践を重視し、実際にコードを書きながら学んでいく。17年12月下旬にリリースし、公開から約100日で会員登録数1万人を突破。18年5月現在では、日本最大級の先端技術ラーニングサービスです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

インターネット(PC)上で閲覧できます。
人工知能プログラミングを10秒ではじめる『Aidemy』
集中的な8週間の特訓でAIエンジニアを目指す『Aidemy Premium Plan』
10秒で導入できる法人向け AI 研修サービス『Aidemy Business』

審査委員の評価

特別な環境構築を必要とせず、オンラインでプログラミングの実行結果を確認できるサービスはほかにも存在する。しかしながら、Aidemy は「初心者が AI の基礎的な知識を習得し、概念を学びつつも実際のプログラミングも手がけられる入り口に立てるようにする」という目的に沿っていわば一本道にサービスが設計されているところに独自色がある。「何を学びたいか」が明確であるため、AI 人材を必要とする企業や組織にとっては非常に使い勝手の良いサービスと評価した。

担当審査委員| ドミニク・チェン   Andrew Pang   閑歳 孝子   長田 英知   藤崎 圭一郎   Andrew Pang  

ページトップへ